シェムリアップの街並み。

シェムリアップとは「シャム人敗戦の地」という意味です。これは17世紀にクメール人がシャム(現在のタイ)のアユタヤ王朝の軍隊に勝利したことから名付けられたそうです。アンコールワットやアンコールトム等の遺跡を観光する拠点になっています。
下の写真は、タイのバンコク行きのバス停です。
< MAP >

0

夜行バスでバガン遺跡へ。

夜行バスで、ミャンマーのヤンゴンから三大仏教遺跡のひとつ「バガン遺跡」へ行きます。
ヤンゴンのバスターミナル(真ん中2枚)は大きいので、対象のバス会社(eLite)を探すのに苦労しました。
バス会社の受付(左上)、待合室(右上)、夜行バス(左下)。
この車(右下)でバカンを観光します。
※他の三大仏教遺跡は「カンボジアのアンコール・ワット」「インドネシアのボロブドゥール」。
< MAP >

0

グラナダ行きのバス。

このバスでコルドバからグラダナへ行きます。乗車時間:2時間40分、約2,000円。その前に切符を買わなくては。。。
窓口でチケットを買おうとしたら、自動販売機で買えと言われました。
当然のごとく、日本語は無いので、仕方なく言語を英語で選択、どうにか購入。紙幣、コイン、クレジットカードが使えます。
< MAP >

0

人でごった返していた、クスコのバスターミナル

クスコのバスターミナルに到着。人でごった返しています。
ここからホテルへタクシーで向かいます。400円のところを320円に値切ったけど、相場は、280円ぐらいみたい。
<MAP>

0

9時間バスに揺られ、ナスカに到着。

9時間バスに揺られ、やっとイーカ経由ナスカに到着しました。
上の写真がイーカのバスターミナル
下の写真がナスカのバスターミナルです。
リマ、イーカ、ナスカと行くに従って、バスターミナルが簡素になって行きます。
<MAP>

0