恐るべしラパス!「ニセ警察官に拉致されそうになる」

ペルーのクスコから夜行バスでボリビア ラパスのバスターミナル(写真左2枚)に到着。
ラパスで1泊する予定でしたが、治安があまり良く無いとの事なので、その日の内に飛行機でウユニへ移動する事にしました。
2時間ほど時間に余裕があるので、ラパスの街で散歩&昼食をしました。夜の散歩は危険(強盗事件多発)と評判のラパスも昼間は、人も車も多く、強盗にあう様な雰囲気はありません。
ところが。。。
街(右下の写真の様な所)を散歩していました。観光に来ているというペルーのおばちゃんに頼まれ写真を撮っていると、身なりのちゃんとした人が警察手帳を見せながら「パスポートを見せてくれ」と言って来ました。「怪しいなぁ」と思いつつ、おばちゃんはパスポートを、私はパスポートのコピー(こういう時の為に事前にコピーを撮ってます)を渡すと、「最近犯罪が多いので、直ぐ近くに事務所があるから協力してくれ」と言って来ました。
「時間が無い。飛行機にのらないといけない」と言うと「5分で終わるから」と言います。おばちゃんも「協力してあげよう」というので、「周りに人も多いし歩いて行って5分の所なら大丈夫か?ヤバいと思ったら逃げよう」と思って、ついて行く事にしました。
するとスーッと横に来た車に、警官が警察手帳を見せて「乗せて行ってくれ」と言っている様です。運転手は直ぐに了解し、おばちゃんはサッサと車に乗り込みます。「これはヤバい。このまま乗ったら拉致されるぞ。おばちゃんもコイツらの仲間や!」と思って「俺は乗れへん。パスポート返せ!」と言うと、あっさりパスポートのコピーを返してくれました。そして、おばちゃんを乗せて車は出ようとします。「あっ、おばちゃんはコイツらの仲間とちゃうんや!」と気付き、窓を叩いて「止めとけ!」と叫びましたが、車はそのまま行ってしまいました。
偽警官に拉致された!その後、おばちゃんがどうなったかはわかりません。。。
僅か2時間の散歩で、こんな事に遭遇するとは、「恐るべしラパス!」

2+

ブラジルビザ申請。 カード支払不可、そして現金も。。。

プエルトイグアスのブラジル大使館です。
ここでブラジルビザを申請すると翌日交付されます。日本で申請すると2週間ぐらいかかるのと比べると随分早いですね。
大使館の業務開始は朝8時との事なので、8時ちょうどに訪問しました。申請用紙は日本でWEB入力後、印刷して持って来ています。それとパスポート、ブラジルから出る航空券、銀行の残高明細を揃え準備万端と思いきや。。。
申請料が1,440アルゼンチン・ソルでカードは使えないし他国の通貨も不可。急遽、ATMへ行きお金を下ろす事に。。。
今度こそと1,500ソル提示すると「お釣りなしでピッタリ持って来なさい」だって。日本の何処かの役所みたい。
仕方なく、スーパーで小物を買って、小銭を作りました。まぁ、無事申請できて良かった。
プエルトイグアスでブラジルのビザを申請するときは、お釣りが不要な様に、申請料ぴったりのアルゼンチン・ソルを準備しましょう。
交付の方は、翌日11:00に来いとの事で、時間通りに待ってると11:10頃にはビザを交付して貰いました。

2+

セスナ搭乗申込。 - ナスカの地上絵 ー

さてさて、今回の旅行の楽しみの一つの「ナスカの地上絵」を観るためにナスカ空港にやってきました。
セスナが数台待機来てました。
右真ん中の写真は、セスナ会社カウンターの受付嬢です。美人ですね。。。
下の写真はセスナから見たナスカの街並みとその近辺。
セスナ料金は3種類あって、1番低い高度で飛んでくれる料金の最も高いやつにしました。ホテル間の送迎を含め110USドルを値切って95USドル。バスターミナルを出た所での呼び込みに引っかかり、思い切って申込みました。
しかし、翌日朝、25分オーバーしても迎えが来ない。電話しようと領収書を確認しても電話番号が書いてないし事務所も何処にあるか判らない。
「騙されたかなぁ。チョット不注意だったなぁ。結構高い授業料を払わされたなぁ。」とか思いつつ、30分オーバーしたら諦めようと待っていると、やっとやって来ました。29分オーバーです。
あと1分で、諦めるところでした。運が良いのやら悪いのやら。。。いや、きっと運が良いに違いない!
空港の受付嬢(真ん中右)は美人で親切。やっぱり今日はついている。

1+

マチュピチュ村(Agvo)での涙の思い出。

念願のマチュピチュへ一泊二日で行きます。
1日目は、移動だけでマチュピチュ近くの村(Agvo)に宿泊。途中、線路沿いの道を2時間半歩きます。
2日目は、早朝5時半に出発。マチュピチュを訪れます。(左真ん中がマチュピチュ入口)
1日目:バス(下真ん中)で7時間揺られ、2時間半線路沿いを歩いて、マチュピチュ近くの村に到着。
「線路沿いを歩くな!」の標識(右上)があるけど、大勢の人が歩いていくのでついて行きます。(°_°)
途中、電車が通ったり橋を渡ったりしながらマチュピチュ村に向かいました(左下)。(^^;;
夕食の後、ツアー仲間と記念写真(右上)。
上記コースは映画「スタンド バイ ミー」の場面(線路沿いを歩く)に近いので、「スタンド バイ ミー」コースと言われています。
トラブル発生!
マチュピチュ村からマチュピチュ入口までバスで往復25USドル。旅行社に支払済でしたが、ツアーコンダクターが旅行社に確認が取れないので、もう一度払ってくれと言ったり、自分で旅行社に確認してくれと言ってきました。
するとツアー仲間達が「絶対払わなくて良いから」と言ってくれたり、旅行社に電話してくれたり、最後には肝っ玉母ちゃんみたいな女性が、私が掛け合ってやるよとツアーコンダクターに話をしてくれたりと助けてくれました。夕食を共にすると仲間意識が深まるんですね。
因みにツアー仲間の中で、スペイン語が話せないのは私だけでした。
上記も言葉は判らないですが、雰囲気で伝わるんですね。
この旅行記を書いていて、ツアー仲間の暖かさを思い出し涙が出そうになりました。

1+

バス道で崖崩れ発生!

崖崩れがあり、帰りのバスが立ち往生しました。バスが道を通る1時間前ぐらいに崖崩れがあったようです。
危ない危ない!!
時々、バスが谷底に落ちる事もあるそうです。
電車でマチュピチュに行くルートもありますが、電車も昨日崖崩れがあって大幅に遅れたそうです。

1+

値切っても結局ぼったくられる、サンティアゴ空港からホテルのタクシー。

タクシーでサンティアゴのホテルに到着。朝食が美味しく快適なホテルでした。
WIFIがロビー以外で入り難いのが唯一の難点。5,200円/泊(朝食付)。3泊しました。
空港からホテルまでのタクシーでぼったくられました。相場2,500円のところ6,000円も取られてしまった。(~_~;)
やっぱり空港で呼び込みに乗ってはダメですね。値切ったつもりでも結局、ぼったくられている。相手が上手です。
対策は、正規のタクシー乗り場から乗るか、ライドサービス(UBER等)を使う。正規タクシー乗り場から乗る場合も事前にインフォメーションでタクシーの相場を聞いておく。これが鉄則です。

1+

紆余曲折のSIMカード購入。

モバイルWIFIを安価に利用すべく、POCKET WIFIを日本で調達し、シンガポール空港でSIMカードの購入を計画。しかし空港だと2日で18シンガポールドル(約1,600円)の予定が、38シンガポールドルもした。
高いと思ったが背に腹は変えれないので(WIFIが使えないとホテルにも辿りつけないかもしれない。ちゃんと調べとけば良かったと後悔したが)、購入を決定。
しかしPOCKET WIFI繋がらず、払い戻してもらった。結局、ホテルの最寄り駅近くで、12シンガポールドルで購入。結果オーライ。この旅行、付いてるかも。。。写真はホテル最寄り駅のSIMカード売り場です。

1+

パリ鉄道(RER)駅のキオスク。

Neuilly Porte Maillot駅のキオスクです。キオスクと言うよりもミニコンビニ。はじめて私の探していたイメージの店に(コンビニ)出会いました。
パリの街角ではコンビニや飲み物の自動販売機は見かけないので、この様な店を探していたのです。
話は変わりますが、ベルサイユ宮殿へ行く途中、多くの人がこの駅で下車します。私の野生の勘が「この駅で降りろ!」と言ったので降りましたが、ベルサイユ宮殿へ行く有望な情報は得られず、15分待って次の電車に乗りました。すると、なんと次の駅止まりで先に行け無いことが判明。さっき降りた駅で迂回するのが正解でした。
コミュニケーション力が足らず野生の勘を活かす事が出来なかった‼️
でも本日、ベルサイユ宮殿は一部休館しているとの情報をゲット。今日はルーブル美術館へ行く事としました。結果オーライ。

1+

ヴァレンスのホテル。

駅からホテルまで徒歩約20分ぐらい。風景を楽しみながら、歩いて行こうと思ってましたが、雨が降って来たので、タクシーに変更。
スマホナビでタクシーの経路を見ていると違ったところへ行向かっています。ハラハラしている間にホテルに到着。結局、スマホナビのホテルの位置が間違ってました。
歩いてたら、どうなってたことか? ついてるね。 
ホテル代:約5,800円/泊。タクシーは結構高く、約2,000円。

1+