ウジェーヌ・ボックの肖像 ファン・ゴッホ

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの作品です。
ゴッホは本作品について「彼(ウジェーヌ・ボック)はダンテを思わせるような風貌の持ち主で、オラニエ公ウィレム1世時代のフランドルの紳士貴族を連想させる。彼が親切な男でも誰も驚かないだろう。そして彼は無限の空間の中に輝く蒼白い星の神秘的な光に包まれるのだ。」と述べています。
それでは具体的に観て行きましょう。
本作はゴッホが南フランスのアルル滞在時に弟テオを通じて知り合ったベルギー出身の職業画家兼詩人でもあった、ウジェーヌ・ボックを描いた作品です。
画面中央にウジェーヌ・ボックの顔面が配され、その視線は別の何かを見ているようです。背景には、夜空の星々を思わせるような深い青色の中へ白色の点を散りばめ、夢想家としてのウジェーヌ・ボックを強調しています。
またウジェーヌ・ボックが身に着ける衣服は当時としては近代的であり、黄色実を帯びた上着や差し色的な赤色と緑色のタイは背景の色彩と調和しています。
色彩の対比と象徴性は、他の画家の肖像画作品には見られない野心的な取り組みで、ゴッホの絵画的独自性が表れています。
オルセー美術館所蔵。
<MAP>

2+

アルルのダンスホール ファン・ゴッホ

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの作品です。
本作は、南フランスのアルル滞在時に、ゴーギャンと共に共同生活を送りながら制作した作品のひとつです。その頃、ゴッホとゴーギャンは、互いの芸術に対する態度や視点の違いにより、やや関係が悪化していました。本作からは、ゴーギャンへの理解と歩み寄りを示す為、ゴーギャンの絵によく見られるクロワゾニスム(※1)的表現を取り入れています。
それでは具体的に観て行きましょう。
本作の題材は、フォリー・アルレジエンヌ劇場に於ける祝祭の夕べの情景です。
画面の手前から奥にかけて無数に描き込まれる人々は、ひしめき合う様に踊りに興じており、退廃的です。人々の姿も、一方では流行の衣服に身を包み、また一方では伝統的な衣服を着こなすなど多様で混沌としています。
そして、ゴーギャンへの歩み寄りとして、クロワゾニスムの太く暗色の輪郭線を用い、描写される人々は線と色面とが強烈に誇張させ、装飾的に表現されています。
更に、フォリー・アルレジエンヌ劇場の奥や二階への無数の人々は、原色の円で表現される黄色の光と効果的に呼応させています。奥行きを感じさせない平面性や日本趣味的な水平と垂直の強調、毒々しい印象すら抱かせる独自の奇抜で原色的な色彩には、ゴッホの個性が滲み出ています。
オルセー美術館所蔵。
※1:クロワゾニスムとは、 モチーフを単純化し、太い暗色の輪郭線で濃淡のない平らな色面を囲う絵画表現手法です。ゴーギャンの絵によく見られる特徴です。
<MAP>

2+

ヴィーナスの誕生 ウィリアム・ブグロー

19世紀フランスのアカデミズム絵画(※1)を代表する画家、 ウィリアム・ブグローの代表作です。
ブグローの構図や技法はアカデミックなものですが、官能的な裸婦像、可憐な子どもの像、憂愁を帯びた若い女性の像など、甘美で耽美的な画風で絵画を描きました。
それでは具体的に観て行きましょう。
本作品は、ギリシア神話の女神アプロディテ(ヴィーナス)の誕生を主題としています。女神の海からの実際の誕生をではなく、完熟した女性として、海からキプロスのパフォスまで貝殻に乗って移動する場面を描いています。
ここにあるヴィーナスは、恥じらいのヴィーナスではなく、髪の毛をかき分けながら豊満な肢体を惜しげもなくさらす、欲望のヴィーナスです。表面的な装いはあくまで古典的ですが、身をくねらせた裸婦のきわどい官能性で、第二帝政期のブルジョワ階級の要求に応えた作品です。
オルセー美術館所蔵。
※1:アカデミズム絵画:フランスの芸術アカデミーの規範に影響された絵画の事です。芸術アカデミーでは新古典主義ならびにロマン主義運動の下で実践され、その2つを統合しようという試みがなされました。
<MAP>

3+

メッカへの巡礼 レオン・ベリー

19世紀フランスの画家、レオン・ベリーの作品です。
ベリーは、中東の風景や人々を描いた「オリエンタリズム」の画家のひとりです。
ナポレオンのエジプト遠征をきっかけに、19世紀のヨーロッパでは、中近東への関心(オリエンタリズム)が高まりました。
それでは観て行きましょう。
イスラム教の聖地メッカへと砂漠を渡る、巡礼者たちを描いた作品です。
この絵に感じられる臨場感、灼熱の太陽とその光の描写が素晴らしい。ヨーロッパの光とは全く異質の光、明暗の描写が行われています。
この絵はベリーの実体験に基づいて描かれたものです。
オルセー美術館所蔵。
<MAP>

2+

洗濯女 オノレ・ドーミエ

19世紀フランス画家、オノレ・ドーミエの作品です。
ドーミエは風刺版画家として知られるとともに、油彩画家としても印象派や表現主義の絵画を先取りし、アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック、フィンセント・ファン・ゴッホなど、後世の画家に影響を与えた画家です。
それでは具体的に観て行きましょう。
洗濯の山を抱えながら、石の階段を登る女性を描いています。この女性からは、疲労感と同様に力強さも感じさせます。母親として、生活の疲労と高すぎる階段をよじ登る子供を助ける優しさが描写されています。
母親の手をしっかり握りしめた子供は、母親がこれから請け負った洗濯仕事へ向かうことをわかっているようにも見えます。
母と子の力強い量感、存在感が際立つ作品です。
オルセー美術館所蔵。
<MAP>

2+

羊飼いの少女 ジャン=フランソワ・ミレー

19世紀フランスのバルビゾン派の創設者の一人、ジャン=フランソワ・ミレーの作品です。バルビゾン派の画家たちは、フランスのバルビゾン村やその周辺に居住し、自然主義的な風景画や農民画を写実的に描きました。
それでは具体的に観て行きましょう。
少女の可憐にしてどこか侘しげなたたずまいが、観る者の共感をそそう作品です。身にまとっているものや、大きなごつごつとした木靴も彼女の境遇を物語っていますが、その足元には白いタンポポが彼女を慰めるかのように咲いています。
貧しくはあるが静かで平凡な田園風景と、そこに生きる人と動物が一つになった、写実的であると共に抒情性に富んだ作品です。
オルセー美術館所蔵。
<MAP>

3+

オランピア エドゥアール・マネ

印象派の創設に影響を与え近代美術の父とも呼ばれる、19世紀フランスの画家エドゥアール・マネの代表作のひとつです。
マネは、伝統的な絵画を下敷きとしつつ、伝統的な形式にとらわれない自由で個性的な色彩を用い、絵画を描きました。
それでは具体的に観て行きましょう。
全体的な構図は、ティツィアーノが描いた『ウルビーノのヴィーナス』の構図を借用したものです。一方、オランピアという名は当時のパリにおける娼婦の通称です。
そして、肉体のどぎついまでの明るさ、恥じらいもない視線、女神と言う神話的な次元から娼婦と言う現実的な次元への転換などからセンセーショナルを巻き起こした作品です。
この作品の注目すべき所は、光の扱い方で、現実世界の光を感じます。
前方の観客のいる方に窓があり、そこから日光がオランピアを照らしているように描いています。この現実世界の光が、まるで自分がオランピアを訪れた客であるかのような、なまなましい感覚を与えるのです。
そして、この光の扱い方は、印象派と呼ばれる後輩の画家たちに影響を与えることになります。
オルセー美術館所蔵。
<MAP>

3+

春 ジャン=フランソワ・ミレー

19世紀フランスのバルビゾン派の代表的画家、ジャン=フランソワ・ミレーの作品です。この絵は、ミレーが晩年に描いた、四季をテーマにした連作のひとつです。
それでは具体的に観て行きましょう。
ミレーは本作で、木の下に小さな農夫を描き、人間の存在を弱めることで、叙情詩的でロマンティックでもある人間と自然との対話や出会いの表現に重きを置いた作品を描き出しました。
道端にちらほらと見える小さな花等、自然の風景は正確に観察され描かれています。果樹が植えられ、道があり、塀が建てられるなど、自然界がここに息づいており、かつ大事にされている様子が判ります。
オルセー美術館所蔵。
※1:バルビゾン派は、フランスのバルビゾン村やその周辺に画家が滞在・居住し、自然主義的な風景画や農民画を写実的に描いた画派です。
<MAP>

3+

家路につく落ち穂拾いの女たち ジュール・ブルトン

19世紀フランスの実写主義の画家、ジュール・ブルトンの作品です。
ブルトンはフランスのブルターニュ地方の風景画や農民の様子を描いたことで有名です。
それでは具体的に観て行きましょう。
本作はミレーの「落穂拾い」とよく比較される作品です。。収穫後の田畑に散らかる穀物の茎穂を、農婦たちが拾う様子が描かれています。
麦刈りのあとに畑の落穂を拾い、自分たちの糧とする貧しい人々です。落ち穂拾いを許されているのは女性か子供、あるいは老人であり、拾ってよい場所や時間など制限がありました。
貧しいながらも満ち足りた思いで帰路につく農婦たちの表情や、まだ物足りないと地面に手を伸ばしている女など巧妙に描き分けている、幻想的で美しい作品です。
オルセー美術館所蔵。
<MAP>

3+