モーゼ像 ミケランジェロ・ブオナローティ

盛期ルネサンスの三大巨匠の一人、 ミケランジェロ・ブオナローティの作品(1515年頃)です。ミケランジェロは、このモーゼ像を自分の最も生き生きとした作品と感じており、完成した際には、「さあ、話せ!」と言って膝を叩いたと言われています。
それでは具体的に観て行きましょう。
モーゼは深い襞のある衣を身にまとい、その布は大理石ではなく麻であるかのように脚にまとわりついています。腕や手には腱や静脈が目に見えて張り巡らされ、筋骨隆々とした体の強さが感じられ、全能性を示す豊かな髭を持ち、右足を地に着け、左足をそのつま先が地に触れる程度に浮かせています。また、右手は髭に触れながら十戒を抱き、左手も膝の上で髭を撫でています。
ヴァザーリはモーゼ像の顔の美しさを賞賛し、「十戒を授かったときの神性を表している」と述べています。また、フロイトは、動きをテクニックで表した他の彫刻家作品とは一線を画しており、2本の角とともにモーゼの豊かな髭を撫でる仕草や髪のうねりが、見る者に「知的な驚き」を与え、考えさせるような作品だと評しました。
そして、モーゼ像の2本の角が特徴的です。出エジプト記にあるように、シナイ山から降りてきたモーゼは、人々が金の牛を崇拝しているのを見て激怒しましたが、そのときの怒りをこの2本の角は表しています。しかし、11世紀あたりからユダヤ人の社会的地位が変わるとともに、この角の解釈にも変更が加えられました。ユダヤ人が悪魔と結びつけられると、ユダヤ人であるモーゼの頭に生える角も、悪魔を象徴するものだと解釈されるようになりました。
バチカンのサン・ピエトロ教会所蔵。
<MAP>

+3

聖家族と幼児洗礼者ヨハネ ミケランジェロ・ブオナローティ

盛期ルネサンスの三大巨匠の一人、 ミケランジェロ・ブオナローティの作品(1506年頃)です。本作はフィレンツェ滞在時ドーニ家から依頼され制作された作品で、聖母マリアの夫聖ヨセフが威厳をもって描かれているのが特徴です。
それでは具体的に観て行きましょう。
主題は聖母マリアとキリストを中心に聖人を配する構図「聖家族」です。
我が子を見上げる聖母マリアの表情は愛情と崇敬の念に満ちているのと同時に、母としての力強さが、彫刻家であるミケランジェロならではの人体表現によって表現されています。
本作の聖ヨセフと聖母マリアの姿は旧約聖書の世界を表現しているとされています。幼子キリストは新約聖書の世界、つまり恩恵の世界を表現しており、また背後に描かれる裸体の青年群像は異教的な世界を表すとされています。そして裸体の青年群像と聖家族の間に位置する洗礼者聖ヨハネは、異教的世界とキリスト教世界の仲介を為す存在として描かれています。
従来、キリストの養父ヨセフの存在は、弱く、いつも隅っこで頼りなげに描かれていました。一方、本作でミケランジェロが描いたヨセフは、強い父親です。ピラミッドの頂点で、威厳を持ち、知性ある顔立ちで描かれています。
フィレンツェのウフィツィ美術館所蔵。
<MAP>

+3

システィーナ礼拝堂天井画 ミケランジェロ・ブオナローティ

盛期ルネサンスの三大巨匠の一人、 ミケランジェロ・ブオナローティの代表作(1512年頃)の一つで、4年の歳月をかけ作成された世界最大の壁画です。
主題は旧約聖書の冒頭書に50章から書かれた、神による世界と人間の創造から、楽園追放、バベルの塔、ノアの箱舟などの神話的伝承と、アブラハム・イサク・ヤコブ・ヨセフらの族長伝承などから成る「創世記」です。
それでは具体的に観て行きましょう。
旧約聖書の9つの場面が描かれています。それは、暗闇からの光の分離(創世記1,1-5)、星と植物の創造(創世記1,11-19)、水からの地球の分離(創世記1,9-10)、アダムの創造(創世記1,26-27)、イブの創造(創世記2,18-25)、元の罪と地上の楽園からの追放(創世記3,1-13.22-24)、ノアの犠牲(創世記8章) 15-20)、普遍的な洪水(創世記6,5-8,20)、ノアの酔い(創世記9,20-27)です。
9つの画面の内、5つの小画面は枠取りがされ、それぞれ4体の青年裸体像によって支えられています。9場面の下方、および礼拝堂の両端部には、キリストの誕生を預言した12人の男女(預言者と巫女)の像があります。礼拝堂の窓の上方の半月形壁(ルネッタ)にはキリストの祖先たちの像が描かれ、画面中には彼らの名前も書かれています。そして、四隅の大きな逆三角形壁面には、聖書の劇的な場面が描かれています。
バチカン宮殿のシスティーナ礼拝堂所蔵。
<MAP>

+2

大公の聖母 ラファエッロ・サンツィオ

古典主義絵画の祖のイタリア画家、ラファエッロ・サンツィオの作品(1505年頃)です。
ラファエッロの描いた聖母像の中でも特に有名な作品の1つです。暗闇の中に浮かび上がるように描かれた聖母マリアと幼児イエス・キリストが印象的ですが、黒い背景は後世の加筆によるものであることが判明しています。
それでは具体的に観て行きましょう。
ラファエッロが描いているのは赤と青の衣装を身にまとった聖母マリアが幼児キリストを抱きかかえるという、典型的な聖母子像で、この構図はラファエッロが描くことになる数々の聖母像の原型となりました。
幼子キリストは、母の胸元と肩にその手を置き、しっかりと見物人を見つめています。また聖母マリアはその温もりを感じながら、優しい母の表情をしています。
本作はダ・ヴィンチの強い影響を受けており、それはスフマート技法(※1)によって確認することができます。ラファエッロはこの技法により、絵画に優雅なバランスと調和を図り、聖母子の姿が、優しい情愛に満ちたものである事を表現しました。
※1:スマフート技法:深み、ボリュームや形状の認識を造り出すため、色彩の透明な層を上塗りする絵画の技法。
ピッティ宮殿所蔵。
<MAP>

+2

ピエタ ミケランジェロ・ブオナローティ

盛期ルネサンスの三大巨匠の一人、 ミケランジェロ・ブオナローティの初期の傑作(1499年頃)です。本作はサン・ピエトロ大聖堂所蔵の大理石彫刻の一つで、「ピエタ」を題材とする作品の中でも第一に挙げられるものです。古典的な調和、美、抑制というルネサンスの理想の最終到達点ともいうべき完成度を誇り、ミケランジェロの数多い作品の中でもとりわけ洗練され精緻を極めたものと言われています。
それでは具体的に観て行きましょう。
主題は中世~ゴシック期より最も特徴的で広く一般に普及した祈念像「ピエタ」です。このピエタとは憐憫や敬虔の意味を持つラテン語から発生したイタリア語で、キリストとその死を嘆く聖母マリアの姿を指します。ゴシック期以降は彫刻の他、絵画などを含む図像の総称として、この名称(ピエタ)が使用されるようになりました。
本作を観ると、構図はルネサンス美術に典型的な三角形の構図を取っており、聖母マリアの頭を頂点としながら、底辺となる台座(ゴルゴタの丘)に向かって他の二辺となる聖母マリアのドレスの襞が徐々に広がってゆくことで三角形を形づくるようになっています。この三角形の上に、座っている聖母マリア(垂直方向)と横たわるキリスト(水平方向)を直交させて重ねるというのがミケランジェロのアイディアです。しかし、ピエタにおいてキリストを聖母マリアの膝の上に載せて描くのは絵画においては珍しくないが、彫刻においては困難であり、キリストが聖母マリアにもたれかかるような形をとることが多い。それは成人男性であるキリストの頭や足は当然聖母マリアの膝からはみ出ることとなり、その大理石の重さを支えるものがなくなるという力学的な理由からでした。それをミケランジェロは、聖母マリアのドレスを、三角形を描くという審美的な役割だけでなく、横たわるキリストの頭や足を支えるという物理的な役割をも果たすことで、解決したのでした。
ミケランジェロは、バッカス像とこのピエタの成功により名声を得て、芸術家としての地位を不動のものとするきっかけとなりました。多くの彫刻家が制作したピエタですが、弱冠23歳のミケランジェロが制作したピエタは、死せる息子キリストを抱える聖母マリアの悲しみに満ちた表情や筋肉や衣服の細密な描写など、それまでに彫刻されたピエタの表現を遥かに超えたものでした。
バチカンのサン・ピエトロ大聖堂所蔵。
<MAP>

+3

聖母の戴冠 ラファエッロ・サンツィオ

古典主義絵画の祖のイタリア画家、ラファエッロ・サンツィオの作品(1504年頃)です。
本作の主題は、聖母マリアの戴冠式です。聖母の戴冠とは13世紀から15世紀にかけて、特にイタリアで人気のあったキリスト教美術の主題でした。
それでは具体的に観て行きましょう。
本作は二部構成になっており、上下の関連した場面が描かれています。上には、天国、下には地上。上の絵では、天使たちが妙なる音楽を奏でる中、キリストによって聖母マリアが冠を受けています。
下では、聖母マリアの墓を取り囲んでキリストの使徒たちが集まっています。聖母マリアの身体は腐敗することなしにそのまま天国に引き上げられたため、墓の中は空で、聖母の純潔の象徴である白百合が咲いています。
聖トマスが手に持っているのは、聖母マリアが彼女の聖母被昇天の証拠として落とした腰帯です。使徒たちは目の当りに展開される天国の光景を見上げています。
バチカン美術館所蔵。
<MAP>

+3

騎士の夢 ラファエッロ・サンツィオ

古典主義絵画の祖のイタリア画家、ラファエッロ・サンツィオの作品(1505年頃)です。本作は快楽と美徳のどちらかを選ばなければならないという夢を見たローマの将軍、スキピオ・アフリカヌスを(紀元前236~紀元前184)表していると考えられています。2人女性が持っている、花、剣、本などは、騎士の思想的属性を表現していると考えられています。
それでは具体的に観て行きましょう。
本作には、美しい木の下で眠る騎士と、それを支える二人の女性が描かれています。女性の一人は剣と本を持ち、もう一人は花を持っています。2人女性はそれぞれ、美徳(険しくごつごつした道を背にしている女性)と、快楽(ゆったりとした服を着ている女性)を表現しています。騎士は、夢の中で美徳と快楽の二者択一を迫られているローマの英雄スキピオ・アフリカヌスを表していると考えられています。
また、本作の寓話の起源は、有名なラテンの詩人シリウスによるポエニ戦争を描いた叙事詩「プニカ」のある一節であると言われています。
ロンドンのナショナル・ギャラリー所蔵。
<MAP>

+2

訪問 ラファエッロ・サンツィオ

古典主義絵画の祖のイタリア画家、ラファエッロ・サンツィオの作品(1517年頃)です。
本作の舞台はルカによる聖書の物語で、2人の女性の年齢差や喜びの表情など、物語の全体像を1つに収めた作品です。
それでは具体的に観て行きましょう。
美しい風景の中で、キリストを身ごもった聖母マリアが彼女の従妹であり聖ヨハネの子を身ごもっているエリザベスを訪問したところを描いており、この後、マニフィカート(受胎告知を受けたことを聖母マリアが神に感謝する賛歌)を歌います。背景に描かれている天使たちは、聖母マリアをいとこの聖エリザベスのもとへ案内しました。
聖母マリアは若い女性として描かれているのに対し、左の聖エリザベスは年齢が相当上で、それにより聖書に書かれているようにこの妊娠が奇跡であるということを強調しています。また背景の風景の中には、ヨルダン川で聖ヨハネにより洗礼を受けるキリストも描かれており、これから起こることを暗示しています。
また、ラファエッロはマンネリズム(※1)の達人として知られています。本作の中でもマンネリズムを用い、絵の中のポーズをとることで、二人の女性の動きを表現しています。
※1:マニエリスム:盛期ルネサンスと初期バロックの間の芸術様式を指し、その特色は人体表現において顕著で、誇張された肉づけ、引き伸ばし、様式化した姿勢や派手な色彩などがあります。
スペインのプラド美術館所蔵。
<MAP>

+2

アーニョロ・ドーニの肖像 ラファエッロ・サンツィオ

古典主義絵画の祖のイタリア画家、ラファエッロ・サンツィオの作品(1506年頃)です。
絵全体に明快さとバランスを生み出し、背景の明るく穏やかなイメージを使って、人物の性格を上手く表現している作品です。
それでは具体的に観て行きましょう。
本作は若くて裕福な布地商人の姿を描いた油彩画作品です。
手は片方ずつ重ねられており、社会的地位を示唆するジュエリーを見せています。指輪には繁栄の象徴であるルビーと、透明感や清らかさを表すサファイアが使われています。ラファエッロは影と光の波を使って、アーニョロの力強さを強調しています。アーニョロはテーブルの端に片腕を置いて静かに座って待っています。またラファエッロは深いコントラストを使って、衣服の層の違いを表現し、キャラクターの深さを表しています。金色の髪の毛は左右対称に配置されており、服のバランスがとれていることから、緻密で正確な思考の持ち主であることを表しています。
衣服の細部は、アーニョロの富を示しています。、滑らかで広い筆致を用いて、一見静止した肖像画のダイナミクスを表現しています。アーニョロの目は、絵画の枠を超えた思考の強さを示しています。
絵全体に明快さとバランスを生み出し、背景の明るく穏やかなイメージを使って、人物の性格を上手く表現している作品です。
イタリアのビッティ宮殿所蔵。
<MAP>

+3