座る道化師 パブロ・ピカソ

19世紀スペインのキュビスムの創始者、パブロ・ピカソの青の時代(※1)の作品です。ピカソは20代で、様々な絵画のスタイルに挑戦し、その結果、彼独自の作品スタイルを確立させました。
それでは具体的に観て行きましょう。
本作は自殺した親友カルロスを失恋したピエロとして描いたものと言われています。
当時、道化師は、通常バトンやむちを持ち、黒いマスクをかぶっていました。しかし、ピカソは道化師を白い顔と襟を付けて描きました。そして妻を寝取られた道化師のように、どこか憂いを帯びています。
また一方で、本作はロートレックやゴーギャンなど数名の画家を連想させます。例えば、花柄の背景は、ゴッホの「揺り籠をゆする女」の背景から借用しています。
ピカソはこの時期に、他多くの画家の作品を吸収し、彼独自の世界に取り入れ、彼独自の作品スタイルを確立したのでした。
※1:青の時代(1901年 – 1904年):ピカソが19歳のとき、親友のカサヘマスが自殺したことに大きなショックを受け、鬱屈した心象を、無機顔料の青を基調に使い、盲人、娼婦、乞食など社会の底辺に生きる人々を題材にした作品を多く描いた時代。
ニューヨークのメトロポリタン美術館所蔵。
<MAP>

2+

馬を引く少年 パブロ・ピカソ

19世紀スペインのキュビスムの創始者、パブロ・ピカソの薔薇色時代の代表作です。
1904年、ピカソは新たな画題と暖色を用いたパレットで、新たな試みを始めます。いわゆる「薔薇色の時代」の始まりです。
それでは具体的に観て行きましょう。
少年が馬を引く姿を描いています。少年は、か細い馬を手綱無しで従わせています。細かな描写は省き、また茶色と灰色が変化する色合いから、ピカソが新たな試みを始めたことが伺えます。
しかし、新しい試みを始めた薔薇色の時代は、ほんの数年間で、その後ピカソはキュビスムの探究を始めます。
※1:薔薇色の時代(1904年 – 1906年):フェルナンド・オリヴィエという恋人を得て、明るい色調でサーカスの芸人、家族、兄弟、少女、少年などを描いた時代。
ニューヨーク近代美術館所蔵。
<MAP>

2+

アコーディオンを弾く人 パブロ・ピカソ

19世紀スペインのキュビスムの創始者、パブロ・ピカソの分析的キュビスム時代の作品です。
分析的キュビズムの作品は、対象を徹底的に分解する為、抽象的な作風で何が描かれているのか判別が難しい。
それでは具体的に観て行きましょう。
アコーディオン奏者が描かれている。全体の輪郭からアコーディオン奏者は座っていると認識できます。キャンバスの下部には、肘掛け椅子が描かれていて、肘掛け椅子の肘掛け部分には、アコーディオンの折り畳まれた部分や鍵が描写されています。
作品は、直角三角形の図形、半円形、直角図形から構成されています。分析的キュビズム時代、ピカソは、形や対象を完全には描写していません。ピカソのキュビズムにおける表現は現実性を残しつつ、肖像画や静物画の要素が加えられている為、捉えどころがなく、解釈が困難であると言われます。
ニューヨークのソロモン・R・グッゲンハイム美術館所蔵。
<MAP>

2+

黄色い髪の女 パブロ・ピカソ

19世紀スペインのキュビスムの創始者、パブロ・ピカソの超現実主義時代(※1)の作品です。
ピカソの愛人であるマリー・テレーズの寝ている姿がシンプルに描写されていますが、そこからは彼女とピカソの仲睦まじい関係性が読み取れます
ブロンド髪のマリー・テレーズは、豊満でしなやかなで、額から鼻までは一筆書きのような曲線にて描かれ、そのしとやかさを寝顔で表現した作品です。
※1:シュルレアリスム(超現実主義)の時代(1925年 – 1936年):シュルレアリスム(ジークムント・フロイトの精神分析とカール・マルクスの革命思想を思想的基盤とし、無意識の探求・表出による人間の全体性の回復を目指しました。)に興味を持ち、活動した時代
ニューヨークのソロモン・R・グッゲンハイム美術館所蔵。
<MAP>

1+

スープ パブロ・ピカソ

19世紀スペインのキュビスムの創始者、パブロ・ピカソの青の時代(※1)の作品です。
ピカソが本作製作で、影響を受けたと言われるのが、パリのパンテオンのシャヴァンヌ作壁画の一場面、「パリに食料を与える聖ジュヌヴィエーヴ」です。そこには道で施しを受ける人々の様子が描かれています。それでは具体的に観て行きましょう。
母親はうなだれるようにしてスープの入った皿を両手に持ち、それに向かって子どもが両手を高く差し出してスープ皿を受け取ろうとしています。
その表情には、食べること、つまり生きることへのこだわり、勢いのようなものが出ています。実際子どもは、待ちきれないような様子で母親の方へと走り寄っているようです。
ピカソは青の時代を通じて母子像を多く描きました。それらの多くは、どこかさびしく、悲惨さを感じさせ、親子の情愛の喜びといったものとは縁遠い雰囲気のものでした。
しかし本作では、雰囲気が異なっています。母親も子供も決して幸福そうな表情をしていない点では、他の悲しげな雰囲気の母子像と共通性を感じさますが、生きることへの勢いを感じさせます。
ピカソが、シャヴァンヌの「パリに食料を与える聖ジュヌヴィエーヴ」から影響を受けたのは「生きることへのこだわり、勢い」に違いありません。
※1:青の時代(1901年 – 1904年):ピカソが19歳のとき、親友のカサヘマスが自殺したことに大きなショックを受け、鬱屈した心象を、無機顔料の青を基調に使い、盲人、娼婦、乞食など社会の底辺に生きる人々を題材にした作品を多く描いた時代。
カナダのオンタリオ美術館所蔵。
<MAP>

2+

グルメ パブロ・ピカソ

19世紀スペインのキュビスムの創始者、パブロ・ピカソの青の時代(※1)の代表作です。
作品では、小さな子供が大きなボールを両手で抱え、底に残っている最後の一口をスプーンで掬い取ろうとしている様子を描いています。青色以外に白色、黄色、オレンジ色など明るい色遣いが特徴的な作品です。
そして、作品では、青色とコバルト色で塗られたキャンバスの下に女性の肖像画が隠されています。当時、ピカソには金銭的な余裕がなく、新しいキャンバスを購入できなかった為、一度描いた作品を塗りつぶしたうえで別の作品を描き直すことも多かったと言われており、青青の時代の作品には、別の絵画が隠された作品がたくさん見つかっています。
※1:青の時代(1901年 – 1904年):ピカソが19歳のとき、親友のカサヘマスが自殺したことに大きなショックを受け、鬱屈した心象を、無機顔料の青を基調に使い、盲人、娼婦、乞食など社会の底辺に生きる人々を題材にした作品を多く描いた時代。
ワシントンDCのナショナル・ ギャラリー・オブ・アート所蔵。
<MAP>

2+

シュザンヌ・ブロックの肖像 パブロ・ピカソ

19世紀スペインのキュビスムの創始者、パブロ・ピカソの青の時代(※1)の作品です。本作は、2007年サンパウロ美術館で盗難に遭ったことがあります。半月後に犯人は逮捕され、絵画は無事美術館に戻ってきました。
それでは具体的に観て行きましょう。
ワグナー作の声楽家として有名なシュザンヌ・ブロックを描いた作品です。ペンとインクによるスケッチに、ペンとインクによるスケッチに、チョークなどの白色顔料と不透明水彩絵の具を使用して描く画法を用いて描かれています。
※1:青の時代(1901年 – 1904年):ピカソが19歳のとき、親友のカサヘマスが自殺したことに大きなショックを受け、鬱屈した心象を、無機顔料の青を基調に使い、盲人、娼婦、乞食など社会の底辺に生きる人々を題材にした作品を多く描いた時代。
ブラジルのサンパウロ美術館所蔵。
<MAP>

3+

はりつけ パブロ・ピカソ

19世紀スペインのキュビスムの創始者、パブロ・ピカソの超現実主義時代(※1)の作品です。主題は福音で、苦痛のパラドックスを「キリスト受難」を通して表現している作品です。
それでは具体的に観て行きましょう。
本作にはストーリーがあり、人物はデフォルメされて描かれています。キャンバス中央には、十字架に磔にされたイエス・キリストが白黒の色彩にて描かれています。
キリスト受難は赤色で表現されることが多いが、ピカソは白黒の色彩で表現しました。
一方、周囲の色彩は激しい赤色と黄色にて描写しており、キリスト受難が際立って見えます。キリスト受難と周囲の色彩を並列して描写することで、芸術的・隠喩的パラドックスが強調されています。
聖母マリアやマグダラのマリアも描かれているそうですが、私には良く判りません。
※1:シュルレアリスム(超現実主義)の時代(1925年 – 1936年):シュルレアリスム(ジークムント・フロイトの精神分析とカール・マルクスの革命思想を思想的基盤とし、無意識の探求・表出による人間の全体性の回復を目指しました。)に興味を持ち、活動した時代
パリのピカソ美術館所蔵。
<MAP>

3+

手紙を読む パブロ・ピカソ

19世紀スペインのキュビスムの創始者、パブロ・ピカソがキュビズム時代から古典主義回帰の間で描いた作品です。
2人のこぎれいな身なりをした男が手紙を読む様子が描かれていいます。
2人は手紙を読むためにうつむいた姿勢で描かれ、1人がもう1人の肩の上に手を置いていますが。この手が異様に大きく描かれています。
ピカソがキュビズム時代から古典主義へ回帰したことから、キュビズムの画家達から批判されますが、意に介さなかったと言われます。
パリのピカソ美術館所蔵。
<MAP>

2+