ガンジス川クルージング


朝のガンジス川を舟でクルージング!
ガンジス川は、ヒンディー語やサンスクリットで「ガンガー」と呼ばれます。これはヒンドゥー教の川の女神の名でもあります。 ガンジス川は聖なる川であり、死者をその川岸で火葬に付し、灰をこの川に流すことは死者に対する最大の敬意とされています。
ガンジス川で沐浴するためにバーラーナシーに巡礼してくる信者も数多くいました。
<MAP>

3+

ガンジス川の夜明け

「ガンジス川の夜明け in ワーラーナシー」です。
インド神話によれば、ガンジス川はかつて天上を流れていたそうです。しかし、サガラ王の6万の王子を昇天させるためにバギーラタが苦行を積み、これを聞き入れたブラフマー神によってガンジス川は地上を流れることとなりました。しかし、そのままではガンジス川の落下の衝撃に地上世界が耐えられないため、バギーラタはさらに苦行を積み、その結果シヴァ神が川を自らの額で受け止め、髪を伝って地上へと流れ下るようにしたそうです。
<MAP>

3+

サンタルチア。

イタリアの民謡である「サンタルチア」でも知られている、ナポリの観光名所です(左上)。
その他、ナポリの風景です。
ローマに戻りホテルにチェックイン。
ローマのホテルの支払いは、EXPEDIA支払いとしたのにホテルでも宿泊費を請求されました。反論を試みますが「私は7年もこのホテルで働いてるので、間違いありません」と取り合ってくれません。
EXPEDIAへメール問合せ中。どうなることか。
< MAP >

2+

ベネチアのサルーテ聖堂。

正式名称はサンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂。
巨大な八角形の建物で、10万個の木片を組み合わせた土台の上に建っています。建材は、イストリア産の石とマルモリノ(大理石の粉末で表面を覆った煉瓦)です。
< MAP >

0

美術館から見たローヌ川。

収穫2: ヴァレンスのアート&考古学美術館屋上から撮影。
右、真ん中辺りに船が写ってます。カメラを出してる間に木に隠れてしまいました。(≧∇≦)
ローヌ川は、フランス4大河川の一つで、主としてフランス南部を流れて地中海に注ぐ唯一の川。フランス4大河川の内、唯一の男性名詞の川です。全長812kmのうち、フランス国内を流れるのは581km。
< MAP >

0