火(四大元素より)

火(四大元素より)は、イタリアの画家ジュゼッペ・アルチンボルドが描いた一連の絵画(四大元素)の一枚です。ウィーン美術史美術館所蔵。
銃や大砲といった火器を配置することによって、 皇帝が、四大元素としての火だけではなく、武器としての火も統制することを示しています。さらに、金羊毛騎士団の紋章および「双頭の鷲」は、ハプスブルク家の権威の高さを表しています。
<MAP>

3+

冬(四季より)

冬(四季より)は、イタリアの画家ジュゼッペ・アルチンボルドが描いた一連の絵画(四季)の一枚です。ウィーン美術史美術館所蔵。
冬では老人の像が表現されています。イタリアの芸術家レオナルド・ダ・ヴィンチによるカリカチュアの影響が色濃く反映されいて、
わらでできたマント、背の皇帝のイニシャルである “M” の文字、襟もとの金羊毛騎士団の紋章にみられる火打ち金の絵柄が織り込まれていることから、マクシミリアン2世の肖像であることが判ります。
頭の上の部分には、ローマ皇帝の月桂冠を想起させる枝が描かれていますが、これは、神聖ローマ帝国皇帝を暗示しています。
<MAP>

2+

夏(四季より)

夏(四季より)は、イタリアの画家ジュゼッペ・アルチンボルドが描いた一連の絵画(四季)の一枚です。ウィーン美術史美術館所蔵。
ジュゼッペ・アルチンボルドの作品としては、四季の他、四大元素も有名です。四大元素も順次紹介していきますので、お楽しみに!
夏では、熟年の女性と思われる人物像を野菜や果物を用いて描いています。耳には、当時、アメリカ大陸からもたらされたばかりのトウモロコシが用いられており、鼻にはズッキーニが、頬には桃が用いられています。
新鮮な野菜や果物を組み合わせることによって、爽やかで豊かな夏が表現されています。肩には製作年が、襟もとには署名が、麦わらで編み込む形で記されています。トウモロコシの他に、インドが原産とされるナスなど、16世紀のヨーロッパでは珍しかった野菜を描き入れることによって、鑑賞者を驚かせようという意図があったものと考えられます。
<MAP>

3+

乱れた家族

オランダ生まれの画家、ヤン・ステーンの作品。ウィーン美術史美術館所蔵。
ヤン・ステーンは、農民や小市民の生活を、鋭い観察とユーモアをもって描きました。
この作品では、右下石板の「享楽に注意」とはまったく逆の乱雑で不道徳な光景が描かれ、教訓的なモチーフが随所に見られます。
居眠りする女主人のわきで男の子はタバコを吸い、女の子は食器棚から何かを盗もうとしています。これは当時のことわざ「機会が盗みを作り出す」を表しています。
豚とバラの組み合わせは「豚の前に薔薇を撒くな」(「豚に真珠」と同意義)というオランダのことわざを想起させます。
絵の中央にいる好色そうな笑みを浮かべてワイングラスを持つ女は娼婦、または「享楽」の擬人像とされています。その女性と戯れている主人はステーン自身であり、女性に愛のしるしとして贈る赤いバラを持っています。
主人の背後の聖職者たちは道徳の寓意で、肩にのったアヒルは逆に愚者を表しています。
母親の後ろに家の鍵がかかっていますが、オランダ絵画において家の鍵は家政の責任者を意味するもので、この家の家政をあずかっているのは母親であることが示されています。
愚行の象徴ともされる猿が時計の動きを止めようとしていますが、時計を止めても時が過ぎていくのは止められません。
子供用のイスに座っている幼児は、メダイヨンのついた鎖を持ち、ボウルを床に投げ落としています。床には食べ物やトランプ、帽子などが一面に散らばり、樽からは酒が滴っています。
人々の頭上には金槌や剣の入った籠が細いひもでぶら下がっており、今にも切れそうになっています。
割れた皿や楽器、蓋の開いた壺、皮を剥いたレモンはヴァニタスの象徴であり、今は享楽にふけっていても明日はどうなっているかわからないという意味なのかもしれません。
<MAP>

2+

豆の王様の祝宴

17世紀に活躍したフランドルの代表的な画家、ヤーコブ・ユルダーンスの作品。ウィーン美術史美術館所蔵。
ネーデルランドでは、一月の三王節に豆入りの菓子を焼き、その豆に当たった者が王となって祝宴を開き、三王節を祝う習慣がありました。
画面上部の銘文には「酩酊者よりも狂人に近きは無し」と書かれており、風刺のきいた教訓を感じさせます。楽し気な祝宴の中に、この銘文を思い起こさせる辛辣な描写がいくつも含まれています。
<MAP>

3+

キリストとサマリアの女


ボローニャ派を代表する画家の一人であるアンニーバレ・カラッチの作品。ウィーン美術史美術館所蔵。
この作品は、新約聖書のヨハネの福音書に記されている物語です。
ある日、キリストと弟子達はサマリア地方の町のはずれにあるシカルへと訪れていました。お昼時にキリストが一人で井戸のそばに座っていると、水がめを持ったサマリア人の女性が来たので、キリストは「水をください」とお願いしました。彼女が「ユダヤ人はサマリアを良く思っていないのに、どうして水を飲む事を頼むのですか?」と尋ねると、キリストはこう答えます。
「水を欲しいと言った者が誰であるかを知っていたら、あなたの方から願い出るだろう。その者は生ける水をあなたに与えただろう」と。そしてキリストは彼女に神の教えを説き、自分自身がメシア(救世主)であると伝えました。
サマリアの女性は町の人々のところへ行ってその事を伝えたので、メシアを信じた者はキリストの元へ駆けつけ、シカルの村のサマリアの人々は神の信者となったのでした。この出来事は、キリストの教えが異邦人の世界へと広まった最初のきっかけだったとされています。
<MAP>

3+

凸面鏡の自画像

パルミジャニーノの代表作。ウィーン美術史美術館所蔵。
パルミジャニーノは、マニエリスム初期から中期(15世紀)にボローニャやパルマ、ローマなどで活躍した、同時代を代表する画家です。
当時は平面鏡を製造する技術が確立されておらず、鏡といえば凸面鏡が一般的でした。本作はパルミジャニーノが21歳の時、床屋の鏡台を覗き込んだ際に着想を思い付いたそうです。凸面鏡に写した自画像や、拡大し歪曲した手を始めとする周辺部分の表現が素晴らしいと評価を受けている作品です。パルミジャニーノの表情は、21歳とは思えぬほど若々しく端正な顔立ちをしていますね。
パルミジャニーノは37歳でこの世を去りました。
<MAP>

2+

三位一体の礼拝

アルブレヒト・デューラーが最後に描いた祭壇画。ウィーン美術史美術館所蔵。
最後の審判ののちに出現する神の国において、旧約の人物たち、諸聖人、選ばれた者たちが、聖三位一体(父、子、聖霊)を礼拝するという場面を表しています。
祭壇画の中央上部に三位一体が描かれており、上から鳩の姿をした聖霊、皇帝の姿をした父なる神、そして父に支えられて十字架に架かる子なるキリスト。
この絵は、ニュルンベルクの裕福な市民マテウス・ランダウアーによって、彼が創立した貧しい職人たちの施療院「十二兄弟の家」の礼拝堂のために制作されたものです。画面右下隅には、署名年記を記した板を持つデューラー自身の姿も描かれています。
<MAP>

2+

眠れるヴィーナス

ルドルフ2世の宮廷画家、ヨーゼフ・ハインツの作品。ウィーン美術史美術館所蔵。
ハインツは宗教的なイメージ画、肖像画、そして、ルドルフ2世の好みに合わせて、エロティックな神話の絵画を多く残しました。この絵画もヴェネチア派のヴィーナス像をルドルフ2世の好みに合わせて描いたもので、女性は豪華な宝石だけを身に付けて眠っています。
<MAP>

3+