老いたギター弾き  パブロ・ピカソ

19世紀スペインのキュビスムの創始者、パブロ・ピカソの作品です。
本作は、ギター弾きを題材に悲惨さとわずかな希望を表現した、ピカソの「青の時代」(※1)の作品です。
それでは具体的に観て行きましょう。
ボロボロの擦り切れた服を身につけ、やつれてうなだれた盲目の老人が、スペインのバルセロナの通りでギターの演奏を弾いている情景を描いています。
ギター弾きには、すでに生命力がほとんどなく、死が迫っているようなポージングは、状況の悲惨さを表しています。
一方で、手に持つ大きな茶色のギターは、青みがかった背景から最も離れたカラーで、観る者の視点を中央に引き寄せる効果を持つだけでなく、ギターはその絶望状況下で、唯一、生存するための小さな希望を象徴しています。
シカゴ美術研究所所蔵。
※1:青青の時代(1901年 – 1904年):ピカソが19歳のとき、親友のカサヘマスが自殺したことに大きなショックを受け、鬱屈した心象を、プロシア青を基調に使い、盲人、娼婦、乞食など社会の底辺に生きる人々を題材にした作品群を描いた時代。
<MAP>

2+

人生 パブロ・ピカソ

19世紀スペインのキュビスムの創始者、パブロ・ピカソの作品です。
本作は、ピカソの「青の時代」(※1)の傑作と言われる作品です。
それでは具体的に観て行きましょう。
左側に描かれている裸で寄り添っている男女は、親友のカサヘマスとその恋人ジェルメールで、2人に起きた悲劇を描いた作品です。カサヘマスの死はジュメールとの失恋が原因でした。
右側の母子像の母はカサジェマスを見つめ、カサジェマスは赤子を指さしています。二人の男女と母子像の間には二枚の絵があり、上は抱き合う男女、下には元気をなくした人物で、失意と絶望を感じさせます。
アメリカのクリーブランド美術館所蔵。
※1:青青の時代(1901年 – 1904年):ピカソが19歳のとき、親友のカサヘマスが自殺したことに大きなショックを受け、鬱屈した心象を、プロシア青を基調に使い、盲人、娼婦、乞食など社会の底辺に生きる人々を題材にした作品群を描いた時代。
<MAP>

3+

オーヴェールの教会  ファン・ゴッホ

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの作品です。
ゴッホは、フランスのオーヴェール=シュル=オワーズで、精神病の治療・療養を行い、人生の最後の二ヶ月間を過ごしました。この地で描いた作品は80点余り。本作はその中の1点でです。
ゴッホならではの色彩的対比と最晩年期のやや長めで直線的な筆使いが楽しめる作品です。
それでは具体的に観て行きましょう。
渦巻いた深い青色の空を背景に、逆光の影の中に沈む重量感に溢れるオーヴェールの教会。そこには、何者をも寄せ付けぬような、不気味な雰囲気を醸し出しています。
教会は、ほぼ正確に描かれているものの、波打つように激しく歪んでおり、近寄りがたい異様な様子が強調されています。
これらは、ゴッホの不安と苦痛に満ちた病的な心理・意識世界の反映でもあり、かつ、画家として技術的・表現的な革新性を見出したゴッホの極めて個性的な対象表現でもあります。
また画面中央から上部へは、まるで教会が邪悪なエネルギーを放出しているかのような暗く重々しい色彩を、そして、下部へは、大地の生命力を感じさせる明瞭で鮮やかな色彩が配され、その色彩的対比はゴッホ作品の中でも秀逸の出来栄えと言われています。
さらにゴッホ最晩年期の筆触の大きな特徴である、やや長めで直線的な筆使いと共に、本作品の精神的迫真性は圧巻です。
オルセー美術館所蔵。
<MAP>

2+

アイリスのある静物 ファン・ゴッホ

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの作品です。
本作で描かれているのはダッチ・アイリス、和名はあやめです。
それでは具体的に観て行きましょう。
鮮やかな黄を背景に、丸みを帯びた花瓶に生けられたアイリスがくっきりとした輪郭で描かれています。とりわけ青い花弁、その間から覗くこの花特有の直線的な緑の葉が、背景の黄との色彩対比を際立たせ、全体に力強さを与えています。
萎れて垂れた一束のアイリスが、当時ゴッホの精神的に不安定で漠然とした恐れを表しています。
アムステルダムのゴッホ美術館所蔵。
<MAP>

2+

刑務所の中庭 ファン・ゴッホ

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの作品です。
本作は、ゴッホが精神病院「サン・ポール」入院時に描かれたものです。
地面のブルーから上に向かって徐々に黄色に変化しているのは、まさにゴッホの世界です。
それでは具体的に観て行きましょう。
高い壁に囲まれた刑務所の中庭で、33人の囚人が整然と円を描くような歩行運動を行っています。囚人達の表情は全く覇気がなく希望を感じられず、まるで出口の見えない迷路を彷徨っているかのようです。その中で唯一、一番手前で歩いている金髪の男だけが本作品を観る者へ僅かに視線を向けており、入院中のゴッホの自由への渇望が表れています。
さらにゴッホの精神状態を反映させたかのような刑務所の高い塀へ、眩いほどの明瞭な光が最も強く当てられている点や、判り難いですが画面上部やや左側の二匹の白い蝶の存在から、ゴッホの希望を失っていないことが伺えます。
モスクワのプーシキン美術館所蔵。
<MAP>

3+

自画像 ファン・ゴッホ

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの作品です。
本作は、ゴッホが精神病院「サン・ポール」入院時に描かれたものです。
具体的に観て行きましょう。
作品中のゴッホは画面中央にやや斜めに構えており、白いシャツと上着を着ています。表情には厳しさがあります。ゴッホ自身の苦悩や不安が伺えます。
背景の蒼白い炎のように、うねりながら燃え立つ渦巻き模様が、ゴッホの厳しい表情を更に強調しています。
幻想的で夢遊な明るさと短く流線的なタッチは、ゴッホが晩年期に編み出した絵画技法です。
オルセー美術館所蔵。
<MAP>

3+

星月夜 ファン・ゴッホ

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの代表作です。
本作でゴッホは、静寂に包まれた闇夜ではなく、自身のエネルギーを発散するかの如く、激情に溢れた夜を描きました。
それでは具体的に観て行きましょう。
激しい筆致で描かれた星空の下には、それとは対照的に教会を取り巻く謙虚なムードの家屋が広がっています。また、教会の尖塔は背景に波立つ青黒い山々を貫くように誇張して描かれています。
前景にある大きな木は、まるで炎のようでキャンバスの下端から上端まで描かれており、それは土地と空を視覚的に接続する役割を果たしています。
渦を巻く暗雲やその中で光を放つ月は、一度見ると忘れることはできません。
ニューヨーク近代美術館所蔵。
<MAP>

2+

アルルの病院の庭 ファン・ゴッホ

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの作品です。
本作は、いわゆる「耳切り事件」の後にゴッホが入院したアルルの病院の庭を描いたものです。この庭はゴッホのお気に入りでした。
それでは具体的に観て行きましょう。
庭の中央に小さな噴水があります。その周囲には美しい花壇が八方に広がっています。庭の情景をやや斜めの視点で捉えながら、画面手前の左右へ配される二本の木々と、その間の背の低い4本の植木が垂直を強調され、観る者の視線を画面の中央へと導きます。
さらに画面奥の病院施設の二段の廊下の壁面と複数の柱に用いられた色彩により、庭の花々の生命感を引き出させています。
スイスのオスカー・ラインハルト・コレクション所蔵。
<MAP>

3+

耳を切った自画像 ファン・ゴッホ

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの代表作のひとつです。
ゴッホとゴーギャンは、南フランスのアルルで共同生活を始めますが、対象を見ながら制作したゴッホに対し、ゴーギャンは描く対象の写実的表現を否定していた為、両者は対立してしまいます。
精神的に追い詰められていたゴッホは、遂にゴーギャンと芸術論で激論を交わし、両者の間には決定的な溝が生じてしまします。そして、アルルの家を出ていくゴーギャンをゴッホは追いかけ、ゴーギャンを一目した後、剃刀で自身の耳を切り落とし娼婦ラシェルのもとへ届けるという「耳切り事件」をおこしてしまいます。
本作品は、この事件直後に描かれた作品です。
それでは具体的に観て行きましょう。
ゴッホの特徴である太く絵具の質感を残した独特の筆触で描写される本作のゴッホは、包帯で巻かれる顔側部など痛々しい様子で描かれています。その表情やゴッホ自身へと向けられる視線は冷静であり、一見すると落ち着きを取り戻したかのようにも見えます。しかし、この事件以降、ゴッホは幻覚と悪夢にうなされるようになり、その症状は生涯続いたと伝えられています。
また背後には浮世絵『芸者』が飾られており、鮮やかで明るさの増した色彩と共に、ゴッホの日本趣味への傾倒も見られます。
ロンドンのコートールド・ギャラリー所蔵。
<MAP>

2+