四人のブルターニュの女の踊り ポール・ゴーギャン

フランスのポスト印象派の画家で総合主義(※1)の創始者のひとり、ポール・ゴーギャンの作品(1886年)です。
ゴーギャンが総合主義を宣言する2年前に描かれた本作からは、総合主義の萌芽を感じさせます。
それでは具体的に観て行きましょう。
素朴なブルターニュの農婦たちが民族的な踊りを踊る様子を描いた作品です。農婦たちは皆ポン・タヴァン地方の伝統的な衣装と髪飾りを身に着け、フェンスのすぐ近くで踊っているようです。これは観光客の来訪によって比較的裕福となったブルターニュの人々が観光客向けのパフォーマンスに興ずる姿が元となっていると言われています。遠景には一人男性が描かれていて、その男性はガチョウの放牧をしながら、畑仕事に励んでいます。
ゴーギャンはそこに都会では感じることのできない原始的な美しさを見出し、それを生き生きと表現しました。鮮明な輪郭線の使用や単純化されつつある形態・色彩表現などに、総合主義の萌芽を感じさせます。
ミュンヘンのノイエ・ピナコテーク所蔵
※1:総合主義:1880年代末頃、ポール・ゴーギャン、エミール・ベルナール、シャルル・ラヴァル、ルイ・アンクタンらによって提唱された芸術運動。色彩を分割しようとする印象主義への反発として現れた、ポスト印象主義の一潮流で、2次元性を強調した平坦な色面などに特徴があります。
<MAP>

3+

ゴーギャンの家の広間(カルセル街の画家の室内) ポール・ゴーギャン

フランスのポスト印象派の画家、ポール・ゴーギャンの初期作品(1881年)です。
パリのバージラール地区カルセル街にあった、ゴーギャンの自宅を描いた作品です。ゴーギャンの妻メットへ画家としての信念を伝えようと制作されたと言われています。
それでは具体的に観て行きましょう。
中央奥で男と話をしているのは、ゴーギャンの妻メットです。薄暗い部屋の手前中央に色鮮やかな花を置き、全体にアクセントを持たせています。
手前にテーブルを置き、仕切りの向こうに会話する人を描くことで部屋の空間性を表現しています。そして、ゴーギャンの妻と話をしている男性からは、何故か孤立感が漂っています。
本作から感じられる心理的緊張感や孤立感は、この情景に相応しいであろう平穏で温かな雰囲気とは正反対であり、観る者へ鮮烈な印象を与えます。
ノルウェーのオスロ国立美術館所蔵
<MAP>

2+

裸婦習作(縫い物をするシュザンヌ) ポール・ゴーギャン

フランスのポスト印象派の画家、ポール・ゴーギャンの初期の作品(1880年)です。
ゴーギャンが描いた絵画の中で最初に人々から注目された作品として有名です。
完成された古典美術の女神ヴィーナスのような理想的な裸婦ではなく、裸婦の自然な姿をありのままに描いているところが当時の批評家に高く評価されました。
それでは具体的に観て行きましょう。
若い裸体の女性が縫い物をしている場面を描いています。場所は寝室で、女性はきちんとたたまれていないベッドの上に座っており、女性の背景は薄紫色の壁でマンドリンとタペストリーが飾られています。女性の顔が魅力的なのに対して、体はたるんでいて、異常に腰まわりが大きくわざと不恰好に描かれています。
本作からはゴーギャンの裸婦に対する関心はあまり感じられず、背景のマンドリンや裸婦の背後の緑色の衣服などと同様に作品を構成する一要素として描いています。
そこからは、ゴーギャンの構成に対する拘りと理解の深さを感じさせます。
デンマークの ニュー・カールスベルク美術館所蔵
<MAP>

1+

レ・ローヴの庭 ポール・セザンヌ

フランスのポスト印象派の画家、ポール・セザンヌの晩年の作品(1906年)です。
セザンヌの自然に対する深い感情を、抽象的な色彩の連なりで表現した作品です。
本作では構造的な堅固さと構図の調和が共鳴しています。セザンヌは「地平線に平行な線は幅を与え、自然の一断面を表現する。 地平線に垂直な線は奥行きを与える。しかし、自然はその表情よりも深さがある。」と述べています。
また、セザンヌは、ティツィアーノ、レンブラント、ルーベンスの「崇高な妥協」と呼ばれるものについて語ったことがあります。最終的には、セザンヌもこの妥協点に到達するのですが、全く違った新しい方法での到達でした。
それが本作で、セザンヌは自然に対する深い感情を、はるか後の時代の抽象芸術を先取りしているように思えるほど抽象的な色彩の連なりで表現しています。
ワシントンDCのフィリップス・コレクション所蔵
<MAP>

3+

松と岩 ポール・セザンヌ

フランスのポスト印象派の画家、ポール・セザンヌ(1897年)の作品です。
本作は、風景画でよく見られるような広大な景色とは異なり、タイトな枠に収められた自然の景色です。しかし、本作からは空気感と動きが感じられます。
それでは具体的に観て行きましょう。
低い潅木と巨大な岩が森の防波堤を形成し、松の木の垂直なラインが上向きに伸び、その先の空が見えなくなっています。
一見すると、セザンヌのパレットは青、緑、茶色に限られているように見えますが、よく見ると、黄色、スミレ、赤など、無限の色のバリエーションがあります。
近距離で見ると、絵は抽象的に見え、無数の筆のネットワークが踊っているように見えます。一歩下がってみると、これらの変化に富んだ筆跡は、セザンヌが「光の振動」と呼んでいたような、心を揺さぶるような効果をもたらしています。
空気感と動きが感じられる作品です。
ニューヨーク近代美術館所蔵
<MAP>

2+

オーヴェルの眺め ポール・セザンヌ

フランスのポスト印象派の画家、ポール・セザンヌ(1874年)の作品です。
一見すると無造作で雑然とした絵に見えますが、全てが一体となっている作品です。
それでは具体的に観て行きましょう。
オーヴェルの眺めは、ほぼ全方向に、等しく広がっており、高い地平線の下には明確な道も支配的な線もありません。家々、木々、畑などが果てしなく点在していますが、柔らかい緑の平原の中にある村に入るための道はありません。
青、赤、白の強いタッチは小さく散りばめられており、白の量は、しばしば隣接する淡い色と弱く対比され、全体を明るく、柔らかくしています。
パノラマの奥行きは、収束した線ではなく、重なり合った部分の後退により、どんどん小さくなっていきます。地平線の近くには強い緑が、中央の空間には鋭い赤があり、前景と遠景には同じ柔らかな色が現れます。
近い空間と遠い空間の一連の緑の違いは非常に洗練されています。色の強さ、隣り合う色調のコントラストの度合いは、前景と地平線の間のわずかな間隔で変化しています。
前景の青い屋根は弱めの赤と結合し、中間の明るい赤は弱めの青と緑と結合しています。右前景の青に対して黄色、中間距離の緑に対して赤、地平線の水色に対して緑です。このような配色の中で、私たちの視線は、前景と中景の相対的な混沌とした状態から遠景の明晰さへと誘導されます。
この開放的で分散した世界には、自由が感じられます。一見すると無造作で雑然とした絵に見えますが、全てが一体となっているのです。
シカゴ美術研究所所蔵
<MAP>

2+

僧侶としてのドミニク叔父の肖像 ポール・セザンヌ

フランスのポスト印象派の画家、ポール・セザンヌ(1866年)の作品です。
若き日のセザンヌは、情熱的だが暗く幻想的な絵を何枚も描いています。
それでは具体的に観て行きましょう。
官能的なものと瞑想的なもの、拡張的なものと自己抑制的なもの等、対極にあるものが描かれています。白、グレー、黒の配色で、肉体の無骨さと土の色調を対比させています。白から青みがかった冷たい色調、黄色、赤、茶色の暖かい色調を経て黒へと移っていき、襟元の冷たく突き刺すような青の輝きが全体を明るくしています。
シンプルであるが故に、ある種の壮大さを持っており、絵は空間を埋め尽くしていますが、同時に硬直もし、かつ、その暗さは動きを持っています。
更に、フードの先端は繊細に描かれており、頭部を長くしたり狭くしたりする事で、微妙に軸をずらしています。
この様に描かれたドミニク叔父さんからは、無骨で確信に満ち、かつ、激しさと獰猛さが感じられます。
セザンヌは、母の弟であるドミニク叔父さんを修道士に扮して描くことで、孤独と肉体を表現しようとしたのでした。
ニューヨークのメトロポリタン美術館所蔵
<MAP>

2+

聖アンソニーの誘惑 ポール・セザンヌ

フランスのポスト印象派の画家、ポール・セザンヌの作品(1887年)です。
聖アンソニーの誘惑は、ミケランジェロ、ヒエロニム・ボッシュ、サルバドール・ダリ、マックス・エルンストなど、多くの画家に描かれた題材です。
セザンヌもこのテーマで3枚の絵画を描いており、本作はその中で、セザンヌが最後に描いたものです。
それでは具体的に観て行きましょう。
絵の中央に配置された女性は、誇らしげなジェスチャーをしています。この女性は、悪魔が姿を変えたもので、聖アンソニーを誘惑しています。
左側には本物の悪魔が描かれています。この悪魔は、二重の役割を果たしているように見えます。悪魔は聖アンソニーを誘惑しているだけでなく、逆説的に聖アンソニーがしがみついている保護者であるようにも見えます。
オルセー美術館所蔵
<MAP>

2+

殺人 ポール・セザンヌ

フランスのポスト印象派の画家、ポール・セザンヌ初期(1868年)の作品です。
1866年から71年頃のセザンヌ作品に共通したテーマは、死とエロチシズムでした。
セザンヌは、人間の奥底に眠る狂気を描こうとしたのでした。
それでは具体的に観て行きましょう。
暗闇の水際で、男女2人がブロンドの髪の女性を殺そうとしています。今まさに刃を突き立てんとする男。たくましい両腕で被害者を抑えつける女。3人の関係を物語るものはなく、すさまじい殺意だけが、暗鬱な画面から伝わってきます。
威嚇するような空、死体が投げ込まれる川岸の暗示、荒涼とした周囲の空間など、すべてがシーンの威嚇的な性質を助長しています。
本作の三人の人物は三角形を形成しており、その平行な辺は反対方向への力を表しています。男性の殺人者の上着と足の動きから、この瞬間の力強さが伝わってきます。手足も同様の効果を得るために細長く歪んでいます。絵の具の扱いは重く、多くの部分で丸みを帯びています。
セザンヌが描いたのは、人間の奥底に眠る狂気でした。
リバプールのウォーカーアートギャラリー所蔵
<MAP>

3+