仏教の聖地キャンディの佛歯寺

仏教の聖地で世界遺産のキャンディにある、ダラダー・マーリガーワ寺院。通称「佛歯寺」と呼ばれ、釈迦の犬歯が祀られています。
「大涅槃経」によれば、釈迦の死後、歯は遺骨と同様にインド各地に分割されました。年代記の『チューラワンサ』では、スリランカにはスリー・メーガワンナ王(301-328)の時代にカリンガ国(東インドのオリッサ)からブラーマンの女性が右の犬歯を持ってきたとされ、王権の権威を保証する証となりました。
王都が移動するたびごとに仏歯も移動して、現在はこの 佛歯寺 に納められています。仏歯は仏陀の聖遺物の仏舎利として崇拝されると共に、強い力を持つものとして祀られてきました。
<MAP>

3+

ホテル in キャンディ

スリランカはキャンディでの宿泊ホテルです。キャンディはスリランカのほぼ中心部にあり、聖地キャンディと呼ばれ仏教徒の聖地になっています。 キャンディの建物は白い建物が多く(左下写真、このホテルも白いろです)、町全体が世界遺産に登録されています。
<MAP>

3+

世界遺産、シギリヤ遺跡。

シギリヤロック(写真)は、スリランカで一番有名な観光スポット。高さ200mの岩山で、頂上には5世紀に作られた要塞化した王宮跡があります。

シギリヤ遺跡

シーギリヤの遺跡は、岩上(シギリヤロック)の王宮跡と、それを取り囲む水路、庭園、貯蔵施設などの都市遺構からなります。
遺跡は、5世紀にカッサパ1世によって建造されました。1982年、古都シーギリヤとして、世界遺産に登録されました。

シギリヤロックの頂上を目指し、約1,000段の階段を1時間かけて登っていきます(左下、右上写真)。しばらく登っていくと「ライオンテラス」という広場に辿り着きます。その先の王宮の入口は、ライオンが守っています(左上の写真)。かつてはライオンの顔まで彫像があり、その開いた口のなかを階段がとおっていたそうです。現地語ではライオン(=シンハ)、喉(=ギリヤ)と言います。それでこの辺りを「シギリヤ」と呼ばれるようになりました。

右上の写真が、シギリヤロック頂上の王宮跡です。
<MAP>

3+

世界遺産、ダンブッラ黄金寺院。

ダンブッラ黄金寺院は石窟寺院として有名です。黄金寺院の周辺に確認されているだけで80以上の洞窟があります。


有名な洞窟が5つであり、153の釈迦像、3つのスリランカ王の像、4つのヒンドゥー教の神像が祀られています。

ダンブッラ黄金寺院は、紀元前3世紀にはスリランカで大規模でかつ重要な僧院となっていました。僧院を寺院へとして転換したのは紀元前1世紀の王ワッタガーマニー・アバヤ(シンハラ朝第19代国王)です。彼はタミル人の手によって、アヌラーダプラから追放され、ダンブッラで保護されますたが、その15年後にアヌラーダプラに帰還しました。その感謝の念から、僧院を寺院へと発展させました。
その後も多くの増築が施され、スリランカを代表する仏教寺院の地位を確立していきます。ポロンナルワの王統で最後の王であるニッサンカ・マッラは寺院を金箔で飾りました。
<MAP>

4+

ダンブッラ黄金寺院の入口

スリランカのダンブッラ黄金寺院の入口です。
ダンブッラ黄金寺院は、ダンブッラロックと言われる大きな岩の上に建っています。 左上写真の階段を登った頂上にダンブッラ黄金寺院の入口(右上)があります。下の二枚は頂上で撮った写真です。
ダンブッラ黄金寺院は世界遺産に登録されています。

ダンブッラ黄金寺院の外観。ダンブッラ ロックをくり貫いて寺院が建てられています。
<MAP>

3+

天体観測施設、ジャンタル・マンタル。

ムガル帝国時代の18世紀前半にジャイプル藩王国のジャイ・シング2世がインド北部の5か所に建設した大型の日時計および天体観測施設。世界遺産。
ジャンタルは、サンスクリット語で「機器、機械」の意味で、マンタルは「参考にする、計測する」という意味です。合わせて、ジャンタル・マンタルは「計測する機器」の意味です。
<MAP>

2+

スケールが違う、アンコールワット。

カンボジア北西部に位置するユネスコの世界遺産であるアンコール遺跡の一つ。当初はヒンドゥー教寺院として作られましたが、16世紀後半に仏教寺院に改修され、現在は上座部仏教寺院となっています。
サンスクリット語でアンコールは王都、クメール語でワットは寺院を意味します。クメール建築の傑作とされ、カンボジア国旗にも描かれています。

< MAP >

3+

ガジュマルに覆われる、タ・プローム寺院。

5000人あまりの僧侶が暮らし、600人を超える踊り子が住んでいたとされるタ・プローム寺院。しかし、アンコール王朝の衰退とともに人々は去り、19世紀後半に発見されるまで、数百年の間密林に眠り続けていました。
覆い被さる巨木(ガジュマル)はまるで遺跡を食べているようです。

タ・プローム
タ・プローム

< MAP >

1+