イタリア最後の食事。

左上は、バンディタッチャ遺跡の帰り道で食べたサンドイッチ。
夕食は、今までの食事は「一品と飲み物のパターンが多い」「食事が質素」とのご指摘を受けて、意を決して、二品注文してみました(下)。右上はサラダのドレッシングです。
もうお腹一杯‼️ 
というところで、イタリア編終結です。次はフランスへ行きます。
< MAP >

0

世界遺産、バンディタッチャ遺跡。

ネクロポリス(墓地)の遺跡です。
総面積は400 ha。全体で1200もの墓があり、地中海世界最大のネクロポリス。墓の作成された年代は紀元前9世紀のヴィッラノヴァ文化期から、紀元前3世紀の後期エトルリア時代だそうです。
バンディタッチャ遺跡からの帰り道、「もう歩くのしんどい。」と思い、破れかぶれでヒッチハイクを決行! 30分ぐらい続けるも誰も止まってくれませんでした。(*_*)
結局、計12km歩く事になりました。
< MAP >

3+

この鳥、知りませんか?

イタリア最終日は世界遺産「バンディタッチャ遺跡」へ行く事にしました。
マリーナ・ディ・チェルヴェーテリ駅へ鉄道で行き、そこから約6kmの場所にあります。
駅からはバスがあると期待して行ったのですが、見当たらず、徒歩で行く事にしました(左上)。
途中、迷子の小鳥ちゃんを探している張り紙を見たので、パチリ📷(右上)
皆さん、この鳥を見かけたら連絡してあげてください。
下の写真は、バンディタッチャの遺跡を展示している美術館です。
朝、ホテルの支払い問題解決。
7年働いている従業員も非を認めてくれた。良かった。

0

サンタルチア。

イタリアの民謡である「サンタルチア」でも知られている、ナポリの観光名所です(左上)。
その他、ナポリの風景です。
ローマに戻りホテルにチェックイン。
ローマのホテルの支払いは、EXPEDIA支払いとしたのにホテルでも宿泊費を請求されました。反論を試みますが「私は7年もこのホテルで働いてるので、間違いありません」と取り合ってくれません。
EXPEDIAへメール問合せ中。どうなることか。
< MAP >

2+

ナポリの卵城。

ナポリに5つある城の中で、一番古い城。ここは古代、メガリスと呼ばれた小島で、古代ローマの貴族の別荘の廃墟に、5世紀ごろ修道士が住みつき教会として使っていた場所だそうです。
卵城という名前の由来は、古代ローマの詩人ヴェルギリウスが、城の地下に卵を埋め、「卵が割れた時、ナポリに災いがもたらされる」と魔法をかけた、という伝説から来ています。

0