更に物価が高い、チューリヒのホテル。

チューリヒ空港から鉄道で30分揺られて、ホテルに到着。途中、女の子に鉄道自販機での切符の買い方を教えてもらい、無事、辿り着きました。
約14,000円/泊。二日前予約の最安値ホテル。ここで2泊します。
チューリヒの物価は更に高い。
チューリヒの地図もチューリヒ空港で入手出来ました!

0

スイス国立博物館。

1898年設立。スイスで最も古い博物館の一つ。1年間で50万人の入場者があるとの事。
入場券を買おうと並んでると、後ろに車椅子の方が来た。すると係員が直ぐに来て、無料で入場券を渡すとともに館内へ誘導。
障害者に優しい街なんですね。

0

チューリッヒの聖ペーター教会。

チューリヒ最古の教会。
857年、9世紀の文献に記されており1000年以上の歴史があります。
チューリヒの初代市長はこの教会に埋葬されるなど、チューリヒの街は、この教会と歩んできました。
建築様式はバロック様式で、教会内部は、十字架、イエス像などはなく、椅子と講壇があるのみ。プロテスタントの教会は、やはりシンプルです。

0

氷河湖、チューリヒ湖。

チューリッヒ市から南東に向かって延びる細長い三日月形の湖。夏場なのに冷たく感じます。
それもその筈、
チューリヒ湖は氷河湖(氷河の作用によって形成された湖)なのです!
今でも冬期には湖が凍結することがあります。氷河湖は初めて見ました!
氷河湖。氷河湖は初めて見ました。
湖面標高409m。延長35km,最大水深143m。面積88㎢。
<MAP>

0

元は修道院、チューリッヒのフラウミュンスター(聖母聖堂)。

853年に東フランク王国のルートヴィヒ2世が娘のヒルデガートのために女子修道院として建造。その後12~15世紀ごろにゴシック様式の教会となり、20世紀になってからは、シャガールが手掛けたステンドグラスが取り付けられました。

0

グロスミュンスター大聖堂。

創建はカール大帝のころと言われ、11~13世紀に建て替えられました。内部にジャコメッティ作のステンドグラスがあります。ロマネスク様式の双子の塔は15世紀に建造され、焼失のため18世紀に再建されたものです。

0