ラオス旅行終了。

これでラオスの旅も終了です。
ラオスの川岸レストラン、良かったなぁ。ヴェンチャンの川岸レストランは夜景が最高。ルアンパバーンの川岸レストランでは、まったりしました。
帰りもハノイ経由で関空へ帰ります。
下の写真はハノイー関空の飛行機の機内食です。

0

ラオスへGO。

3泊4日でラオスへ行きます。
関空からラオスの首都ヴェンチャンへは直行便が飛んでいないので、ハノイ経由です。
右上はハノイ空港。
右下はハノイーヴェンチャン間の機内食。
ラオスは、約24万k㎡(日本の約60%)に約700万人の人が住んでいる大半が仏教徒の国です。英語は日本と同じであまり通じませんが、タイとメコン川を挟んで接している事もあり、タイ語は通じるそうです。
今回は首都ヴェンチャンと世界遺産に登録されている旧首都のルアンパバーンを訪問する計画です。

0

ベトナムでのお食事サマリ。

ベトナム旅行の最後に「お食事サマリー」をお楽しみ下さい。
■バインミー(左上)
フォーと並ぶベトナムの朝食の定番料理。フランスパンに様々な具材挟んで食べます。
■バインセオ(真ん中上)
ベトナム風お好み焼きと呼ばれる料理。中にもやしや海老が入ってます。
サンチュで包んで食べます(右上)。
■シーフード焼き飯(真ん中左)
ちょっと酸っぱいベトナム風味の焼き飯でした。
■チャーゾー(真ん中)
揚げ春巻きですが、皮は米粉から作られています。
■生春巻き(真ん中右)
これも皮は米粉から作られています。
■ブンズィウクア?(左下)
細い米粉麺にカニの殻でダシをとったスープを頼んだつもりでしたが、カニは入ってませんでした。(^_^;)
■豚焼き定食(真ん中下)
日本人好みの味でした。
■フォー(右下)

0

ホーチミンシティの統一会堂。

1873年、フランスにより建設された宮殿。
名前が度々変更され、1873年から1955年の間は「ノロドン宮殿」、1955年から1975年の間は「独立宮殿」、1975年以降に「統一会堂」と呼ばれる様になりました。
< MAP >

0

ホーチミンシティのビテクスコ・フィナンシャルタワーからの風景。

2010年10月建設。
高さ265.5メートルの地上68階・地下3階建のビルです。
写真は展望台からの景色です。
屋上にはヘリポートもあるそうです。

0

ホーチミンシティの市民劇場。

1897年にオペラ・ド・サイゴン劇場として建築され、1956年以降は南ベトナム共和国下院議会の議場として使用されました。 1975年以後、再び劇場となりました。
フランス人建築家ウジェーヌ・フェレによるフレンチ・コロニアル様式の建築物です。

0