アリイ・マタモエ王の死 ポール・ゴーギャン

フランスのポスト印象派の画家、ポール・ゴーギャンの作品(1892年)です。
ゴーギャンが第一次タヒチ滞在中に創作された作品です。描かれている儀式の光景は、タヒチの葬儀様式とは異なっており、ゴーギャンがタヒチに到着した直後に起きたポマレ5世の他界からインスピレーションを受けたと言われています。
それでは具体的に観て行きましょう。
クッションに男性の切断された頭部が描かれており、その周りには会葬者達が集まっています。切断された頭部は低い机に載せられています。頭部を載せる容器には少しだけ血が付いており、何が起きたのかについて観客にヒントを与えています。部屋のインテリアにはティキ(※1)のような形と幾何学模様で溢れています。
キャンバス生地には、ゴーギャンが想像している素朴でエキゾチックなタヒチの宮殿を表現するため、ラフで黄麻布のような布を使用しています。また、ゴーギャンは紫色から鮮明なピンクまで様々な色彩を使い、タヒチのトロピカルな光景を作品にて再現しています。
ゴーギャンは東方と西方の影響を自由に混ぜて作品を描いたのでした。
※1:テッキ:ポリネシアンの島々やハワイで見られる偶像礼拝の風習で崇められる偶像です。
カリフォルニア州のJ・ポール・ゲティ美術館所蔵。
<MAP>

+2