カウパーの聖母子 ラファエッロ・サンツィオ

古典主義絵画の祖のイタリア画家、ラファエッロ・サンツィオの作品(1505年頃)です。ごく普通のイタリアの田舎にいる聖母マリアと幼児イエス・キリストを描いた作品です。
それでは具体的に観て行きましょう。
聖母マリアは、鮮やかな赤い服を着て、木製のベンチにゆったりと腰掛けています。聖母マリアはブロンドの髪をしており、適度な清潔感があります。膝の上には暗い色のドレープがあり、聖母マリアの右手がその布にそっと触れています。ごく薄手の透き通るリボンが、聖母マリアの頭の後ろから服の上に渡って優雅に流れているようです。頭には、かすかに輝く金色の光輪が神秘的に描かれています。
聖母マリアは、左手で幼児キリストを抱き、キリストは、片方の腕を聖母マリアの背中に回し、もう片方は聖母マリアの首あたりに置いて抱きついています。キリストは、ためらいがちな笑みを浮かべながら後ろを振り返っています。
2人の後ろには、美しく澄み切った明るい昼間の光景が広がっています。遠くでは、2つの人影が、水面がきらめく池に向かってのんびり歩き、緑に囲まれた景色を楽しんでいるように見えます。大きくとても印象的な建物が、長い道の先に建っており、アーチ型の天井やその他の付属物が、宗教的な神々しさと優雅さを醸し出しています。
ワシントンDCのナショナル・ギャラリー所蔵。
<MAP>

+3

聖ゲオルギウスと竜 ラファエッロ・サンツィオ

古典主義絵画の祖のイタリア画家、ラファエッロ・サンツィオの作品(1506年頃)です。キリスト教の聖人である聖ゲオルギオスの竜殺しの伝説を描いたもので、聖ゲオルギオスは人間の犠牲を要求した竜を飼いならして殺害し、次の生贄として選ばれた王女を救出したと伝えられています。
また本作は、ラファエッロが苦労して身に付けたルネサンスの理想やテーマが現れている作品で、騎士道精神とキリスト教を融合させた作品です。
それでは具体的に観て行きましょう。
聖ゲオルギウスが座っている馬は、自然主義的な筋骨格を見事に表現しています。特に脚と首の下の部分は、動物の皮膚と同様に筋肉の息遣いが感じられます。更に、象徴的な物語は典型的なキリスト教的なものです。
この作品の背景は、ペルーギネス的な色調と光、澄んだ青空に支配されており、聖ゲオルギウス自身は目の覚めるような赤い鞍に座っています。これも、鮮やかで印象的な色を使うという、ラファエッロの反ダ・ヴィンチ的な傾向の表れです。その結果、聖ゲオルギウスは古代ローマの馬の彫像に似ています。
この絵は、排他的というよりも規範的な印象を与えますが、竜のイラストが印象的で目を引きます。竜からは、はっきりとした憎しみと攻撃性が見て取れます。
ワシントンDCのナショナル・ギャラリー所蔵。
<MAP>

+2

ビンド・アルトヴィティの肖像 ラファエッロ・サンツィオ

古典主義絵画の祖のイタリア画家、ラファエッロ・サンツィオの作品(1515年頃)です。
ラファエッロの後期ローマ時代は、レオナルド・ダ・ヴィンチの影響を受け、様々なスタイルや構造を試していました。本作のシンプルで比較的女性的な立ち位置と圧倒的な光と影の対比も、その試みの一つです。
それでは具体的に観て行きましょう。
光と影の強いコントラストに加え、男性の肖像であるのに、優美で、まるで女性のようなモチーフの姿は、これまでのラファエッロ作品からはかけ離れています。そして、被写体を回転させることで、うっとりするような視線を意図的に作り出しています。
目は、「愛情の補佐役」として知られています。頬を紅潮させ、胸に当てた手には指輪をし、肩から伸びたローブからは、繊細なねじりで撫でられた髪の毛が露出しています。その鮮やかな陰影は、彼の愛情の高潔さと無垢さを強調しています。ラファエッロはこの時期、レオナルド・ダ・ヴィンチの影響を受け、様々なスタイルや構造を試していたのでした。
ワシントンD.C.のナショナル・ギャラリー所蔵。
<MAP>

+2

ファタタ・テ・ミティ(海辺で) ポール・ゴーギャン

フランスのポスト印象派の画家、ポール・ゴーギャンの作品(1892年)です。
ゴーギャンが初めてタヒチ島を訪れた直後、現地の竹小屋で描かれた作品で、実際に見た光景ではなく、ゴーギャンが日常的なタヒチ島の生活をエキゾチックな眺めに変換し描いた作品です。
それでは具体的に観て行きましょう。
二人の女性が海へと飛び込もうとしている光景を背後から描いています。背景には槍を持った漁師がいますが、二人の女性は裸のまま海へと向かい、周囲にいる漁師に全く気にしない様子です。
ゴーギャンはくすんだ火山の茶色である砂浜をピンクと紫で描く事によって、官能的な喜びを表現しました。ここで使われている平らな形で混合されていない色を使用する手法は、彼がブルターニュで開発した総合主義(※1)と呼ばれる手法です。
本作はゴーギャンが総合主義の手法を使い、実際に見た光景ではなく、日常的なタヒチ島の生活をエキゾチックな眺めに変換し描いた作品です。
※1:総合主義:1880年代末頃、ポール・ゴーギャン、エミール・ベルナール、シャルル・ラヴァル、ルイ・アンクタンらによって提唱された芸術運動。色彩を分割しようとする印象主義への反発として現れた、ポスト印象主義の一潮流で、2次元性を強調した平坦な色面などに特徴があります。
ワシントンDCにあるナショナル・ギャラリー所蔵。
<MAP>

+1

ペパーミントボトルのある静物 ポール・セザンヌ

フランスのポスト印象派の画家、ポール・セザンヌの作品です。
セザンヌの静物画の中で最も独創的な作品の一つです。
奥行きや水平面を抑えることで、形や色にまとまりを与え、カーテンの曲線と直線の二次的なリズムが、他の物体の線と巧妙に適応しています。
それでは具体的に観て行きましょう。
セザンヌはテーブルの奥行きを抑えており、テーブルの上面は何も見えません。テーブルの上の物は壁のように垂直な平面に吊るされているように見えます。
しかし、セザンヌはこの収縮した空間の中で、あえて透明なガラスを絶妙に描き、そこから何層もの物体を見ることができます。
また、カーテンに複雑な折り目をつけて練り上げ、その隠れた窪みに木や建物のように物を配置しました。
また、水平面を抑えることで、キャンバスの表面にある形や色に、より明確なまとまりを与え、物の物質的な性質、その固さ、重さ、不透明さ、透明さをより好んで使っています。
更にこの絵画には、線の発明においても驚くべきものがあります。
優雅な二重の曲線を描くペパーミントの瓶、シンプルで大きなフラスコは、それにより純粋さと力強さを兼ね備えた2つのメロディーを奏でています。
重く青いカーテンの上には、黒い装飾の魅力的な遊びがあり、曲線と直線の二次的なリズムが、他の物体の線と巧妙に適応しています。またカーテンに内在する模様がわからないように配置されています。それらは自由な線のパターンであり、あるところでは壁やテーブルの線のように硬く、あるところでは瓶のように湾曲し、また蛍光的に、他の場所では枝分かれし、それらは場所によっては自由に浮遊する小さな音符のようです。
ワシントンDCのナショナル・ギャラリー所蔵。
<MAP>

+2

バッカナリア 愛の争い ポール・セザンヌ

フランスのポスト印象派の画家、ポール・セザンヌの作品です。
バッカナリアとは、古代ギリシアの酒と収穫の神バッカスを祀る祝祭で、神々などに扮した祭りの踊り手たちは、足を踏鳴らして渦巻状に踊り、愛、酒、歓喜と喜びの恍惚状態となります。
それでは具体的に観て行きましょう。
森の中で男女や女と女の愛の争いが繰り広げられる情景が描かれています。セザンヌ独特の荒々しく劇場的な筆触により、愛の争いを表現しており、男女らの姿は非常に暴力的です。
右から3番目の金髪をなびかせた女同士による愛の争いの姿は神話の一場面のような雰囲気を醸し出しています。左側の2本の木は、立っている姿と逆さになっています。更に、右下の興奮しながら吠えている一匹の黒犬が、アクセントとなっています。
ワシントンのナショナル・ギャラリー所蔵。
<MAP>

+3

アルルカン(道化師) ポール・セザンヌ

フランスのポスト印象派の画家、ポール・セザンヌの作品です。
セザンヌの息子ポールをモデルにアルルカン(道化師)を画題に描いた作品です。
この時セザンヌが探究したのは、空間における人体の形と動きの表現でした。
それでは具体的に観て行きましょう。
灰色を基調とし、緑、青、紫、褐色が混ぜられた壁面と赤味がかった床は、赤と黒の菱形模様の衣装を着て帽子をかぶり、左手にバトンを持つ彼の姿を際立たせています。息子ポールの顔立ちは簡素化されており、その表情は、まるでマネキンのように無表情な印象を受けます。
衣服の奇抜性と、まるでマネキンを思わせるような表情の無いアルルカンの人物像と組み合わさることで、現実味の薄れた革新的な対象のイメージを生み出しています。
また息子ポールは右足を一歩前に踏み出していますが、この頭部と足が画面からはみ出すほど、前進する動きを強調しています。
この時セザンヌが探究したのは、空間における人体の形と動きの表現でした。
ワシントンDCのナショナル・ギャラリー所蔵。
<MAP>

+3

ルイ=オーギュスト・セザンヌの肖像 ポール・セザンヌ

フランスのポスト印象派の画家、ポール・セザンヌが27歳の時の作品です。
セザンヌが画家になることを反対していた銀行家の父、ルイ=オーギュスト・セザンヌの肖像画です。セザンヌにとって、父は堅牢な抑圧の象徴であり、かつ、敬愛の対象でもありました。
それでは具体的に観て行きましょう。
画面のほぼ中央の背もたれの高いソファに座り、熱心にレヴェヌマン紙に目を落とす初老の男性が、セザンヌの父、ルイ=オーギュストです。威圧的にすら感じられるほど威厳に満ちた姿で描かれています。
背後の壁にはセザンヌ自身が描いた静物画作品が掛けられています。この静物画の重々しさを感じさせる光と陰影の対比、褐色の対象描写、そして父ルイ=オーギュストに落ちる深い陰を通して、セザンヌは父との複雑な関係性を表現したのでした。
ワシントンDCのナショナル・ギャラリー所蔵。
<MAP>

+2

ジネヴラ・デ・ベンチの肖像 レオナルド・ダ・ヴィンチ

15-16世紀イタリアの画家、レオナルド・ダ・ヴィンチの作品です。
本作は、有名な銀行家の一族アメリゴ・デ・ベンチの娘、ジネヴラの結婚記念に描かれた肖像画です。この時ジネヴラは16歳でした。
それでは具体的に観て行きましょう。
描かれているジネヴラは美しいが、その表情は厳しく引き締まっています。微笑みは浮かんでおらず、前を向く視線は鑑賞者に向けられることなく超然としたものに見えます。ジネヴラの結婚は20歳以上歳の離れた政務官との結婚であり、その表情には緊張感が現れています。
本作の裏面には、裏面には「VIRTVTEM FORMA DECORAT (美は徳を飾る)」と記されています。

ジネヴラ・デ・ベンチの肖像の裏面

これは、ジネヴラの知性と有徳の象徴と言われており、月桂樹と椰子に囲まれたセイヨウネズはイタリア語で「ginepro」であり、そ の小枝はジネヴラの名前 「Ginevra」でもあります。
ワシントンDCのナショナル・ギャラリー所蔵。
<MAP>

+3