バラと銀色:陶磁の国の姫君 ホイッスラー

19世紀アメリカ生まれの画家、ジェイムズ・アボット・マクニール・ホイッスラーの作品です。日本趣味的要素が強く示された代表的な作品のひとつです。
ホイッスラーは自らの絵に背景となる物語や寓意を与えることを嫌い、あくまで色や形態の調和を追求しました。
それでは具体的に観て行きましょう。
日本もしくは中国の調度品に囲まれて、うちわを手に着物姿で立つ西洋の女性を描いた作品です。女性の表情はどこか物憂げです。ホイッスラーは額も絵に合わせて自らデザインしました。
画面全体は黄色味が支配しつつも、床面の緑色や茣蓙・着物の深い藍色、腰帯や屏風に描かれる鳥の朱色など混在となる色彩の調和と統一感は見る者に強烈な印象を与えます。
ワシントンDCのフリーア美術館所蔵。
<MAP>

2+