自画像 ポール・セザンヌ

フランスのポスト印象派の画家、ポール・セザンヌの作品です。
セザンヌは生涯にわたって自画像を25点描きました。
同時代の画家たちの自画像のほとんどは、心理的観点からの自己分析の作品と言えます。しかしセザンヌは、自分自身ですら一つの素材として作品を描きました。
ワシントンのフィリップス・コレクション所蔵。
<MAP>

2+