泣く女 パブロ・ピカソ

19世紀スペインのキュビスムの創始者、パブロ・ピカソの作品です。
ピカソのキュビスム表現主義の時代(※1)の代表作のひとつです。
ピカソは「泣く女」という主題に関心を抱き、何度も同じテーマの作品を制作、100種類以上のバリエーションが存在しています。本作は「泣く女」シリーズの最後の作品で、最も完成度の高い作品と言われています。
それでは具体的に観て行きましょう。
なんとも複雑な表情をしています。女性が白いハンカチをくわえ泣いているようです。
当時、ピカソの周りには3人の女性がいました。新しい恋人のドラ・マール、その出現で隅に追いやられたマリー・テレーズ、すでに険悪な関係になっていた妻オルガです。
この作品はドラ・マールをメインに、その三人が同時に描かれており、ピカソの彼女たちをめぐる心の葛藤を表現したものと言われています。
彼女たちを苦しめることによってピカソ自身も悲痛な叫びをあげていたのでした。
ロンドンのテート・モダン所蔵。
※1:キュビスム表現主義の時代(1937年 – 1973年):ピカソがキュビスム表現主義の作品を多く描いた時代
<MAP>

2+