ポンパドゥール夫人の肖像

18世紀フランス・ロココ様式の画家、フランソワ・ブーシェの作品です。ブーシェは、人体の感覚的な描写が有名で、1千点以上の絵画と1万点以上のスケッチを描きました。
さて、本作品で描かれている、ポンパドゥール夫人は平民階級出身ながら、その美貌と幼少期から受けてきた教育・教養の高さから、フランス国王ルイ15世の公妾となり侯爵夫人の称号も受けた人物です。
文学者や芸術家を手厚く保護し、ブーシェも夫人のお気に入りの画家の一人でした。
この作品は、ポンパドゥール夫人が38歳の時に描かれたものです。僅かに微笑みをたたえたその表情から彼女の知的な美しさが滲み出ています。
ロンドンのザ・ウォーレス・コレクション所蔵。
<MAP>

2+

ブランコ

フランス・ロココ絵画(優雅で美しい美術様式)の大画家ジャン・オノレ・フラゴナールの代表作です。
フラゴナールの絵画の特徴は、稲妻のような筆遣いと快活な油絵で、ひとつの作品を約1時間で仕上げたと言われています。
それでは具体的に観て行きましょう。
女性はブランコで軽やかに宙を舞っています。彼女はスカートを揺らしながら履物を野ぎ棄てていますが、その視線の先には彼女の足を眺めて楽しんでいる恋人の姿があります。木々の合間から差す陽射しが、スポットライトのように享楽的な場面を鮮やかに浮かび上がらせています。自発的な瞬間と生きる歓びを捉えた作品です。
映画「アナと雪の女王」の中で、主人公のアナがブランコをこぐ場面は、本作がベースになっていると言われています。
ロンドンのザ・ウォーレス・コレクション所蔵。
<MAP>

3+