アルジェの女たち

19世紀のフランスのロマン主義(※1)を代表する画家、ウジェーヌ・ドラクロワの作品です。オリエンタリズム絵画の傑作と言われています。
ドラクロワは、古典主義において軽視されてきた、エキゾチスム・オリエンタリズム・神秘主義・夢などといった題材を扱いました。
それでは具体的に観て行きましょう。
画面の中央に2名、左側に1名ハーレムの女らが座しています。その様子からはハーレム特有の気だるさと官能的な風俗性が滲み出ています。
彼女らが身に着ける豊かな色彩と異国的な衣服は、独特の情緒と異国的雰囲気を感じさせ、観る者を強く惹きつけます。
そして、本作で注目すべき点は、色彩の妙です。画面右上から差し込む北アフリカの強烈な陽光によって光と影が対比されています。ドラクロワはその陰影の中に多様な色彩を見出し、色彩による対比でそれを描写しています。
このような明度の差異に頼らない輝くような色彩は画期的で、ピカソを始めとした20世紀の画家らに多大な影響を与えました。
ルーブル美術館所蔵。
<MAP>

2+

ダンテの小舟

19世紀のフランスのロマン主義(※1)を代表する画家、ウジェーヌ・ドラクロワのデビュー作です。
ドラクロワは、古典主義において軽視されてきた、エキゾチスム・オリエンタリズム・神秘主義・夢などといった題材を扱いました。
それでは具体的に観て行きましょう。
本作品は、ダンテの「神曲 第8篇」にある物語を題材にしています。
一心不乱に舟に乗り込もうとあがく亡者達、漕ぎ手のプレアギュースの青い衣服が強風でうねっています。波立つ川に揺れる舟、後ろに見えるのは巨大な灼熱地獄と化した街。激しい狂気と絶望がこの絵の中にあります。
どこからともつかない光が亡者達のたくましい肉体を照らし、その明暗の効果が不気味さを一層強調しています。大胆な色使いも印象的です。ダンテの赤いカウルは、後方の大火を不安になるほど連想させ、プレアギュースの青い衣服と鮮やかに対比させています。
ルーブル美術館所蔵。
<MAP>

※1:18世紀末から19世紀前半のヨーロッパ、及び、その後にヨーロッパの影響を受けた諸地域で起こった精神運動の一つ。それまでの理性偏重、合理主義などに対し感受性や主観に重きをおいた一連の運動です。恋愛賛美、民族意識の高揚、中世への憧憬といった特徴をもち、近代国民国家形成を促進しました。

2+

ルーブル美術館グランド・ギャラリーの改造計画

18世紀のフランスを代表する新古典主義の風景画家、ユベール・ロベールの作品です。
ロベールは、廃墟や古代建築物のある風景を得意とし、時には生命力溢れる人物を配置する知的で叙情豊かな風景表現で名を馳せ、「廃墟の画家」と言われ人気がありました。
また庭園設計や絵画管理者としての才能も発揮し、1790年代後半に参加したルーブル宮改造計画における一連の諸作品は傑作と言われます。本作品は、その傑作の一つです。
ロベールは自分が理想とするルーブル美術館を描きました。天井は高く、自然光が入り、画家を目指すものは写生が出来、誰もが素晴らしい画を見ることが出来る、誰にでも開かれた美術館。そんな美術館を、彼は夢見ました。
そして、宮殿であったルーブルはルーブル美術館として生まれ変わり、現在、ロベールが理想とした美術館そのものになっています。
ルーブル美術館所蔵。
<MAP>

1+

トゥーロン港

18世紀のフランス風景画を代表する画家、ジョゼフ・ヴェルネの作品です。
ヴェルネは、光と大気の時間的変化に強い関心を持っており、光とその陰影を多様に表現することで、大気感を感じさせる風景画を多く描きました。
それでは具体的に観て行きましょう。
この作品は、フランスの海港を主題にした連作中の一点です。トゥーロンは南仏プロヴァンス地方に位置する地中海に面した都市です。
画面の4分の3を占める明るい光に満ちた空やざわめく木々の描写にて、地中海の穏やかな気候を見事に表現した作品です。
まさに、光とその陰影を多様に表現することで、大気感が絵から滲み出ています。
ルーブル美術館所蔵。
<MAP>

2+

アタラの埋葬

18世紀後半に活躍した新古典主義とロマン主義の折衷画家、アンヌ=ルイ・ジロデ=トリオゾンの代表作です。
トリオゾンは、確かな写実描写をベースに、神秘的で夢想性豊かな作品を描きました。
それでは具体的に観て行きましょう。
この作品は、ロマン主義文筆家のフランソワ=ルネ・ド・シャトーブリアンが1801年に出版した小説「アタラ」の一場面で、インディアンの恋人シャクタスが死したアタラの亡骸を修道士オブリーと共に洞窟内へ埋葬しようとする場面が描かれています。
柔らかい光に浮かび上がるアタラ。画面中央へ配された洞窟の入り口から射し込む陽光によって白く輝くアタラの両手には十字架が握らされており、アタラの純潔性を示しています。一方、同時に包まれた白布に発生する衣襞で強調された細くしなやかな肢体は官能的で神秘的でもあります。
ルーブル美術館所蔵。
<MAP>

2+

アポロとダフネ

18世紀イタリア画家のロココ美術・ヴェネツィア派の巨匠、ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロの作品です。
ティエポロは、軽快で優美な筆触と透明感に溢れる明瞭な色彩、建築的遠近法や仰視法を巧みに使用した空間構成で、壮麗で輝きに満ちた独自の作風を確立しました。
それでは具体的に観て行きましょう。
作品は、オウィディウスの「転身物語」の一場面です。ダフネは河の神の娘です。ある日、キューピットが恋を掻き立てる黄金の矢をアポロへ、恋を拒否する鉛の矢をダフネに射ました。
アポロはダフネを必死に追い、力尽きたダフネは父に助けを求めます。すると、ダフネの腕から枝が足からは根が生えて、月桂樹に変身します。
明るい赤と黄の衣服が、深い青で描かれた背景と対比を成しています。登場人物が観る者の空間に入り込んできそうな様子で描かれています。
にもかかわらずダフネの姿は風景に溶け込んでいるようです。これは、ダフネが一本の木の下に配されており、その木はダフネを帽子のように保護しつつも、人間から植物への変身を暗示している為です。
壮麗で輝きに満ちた作品です。
ルーブル美術館所蔵。
<MAP>

2+

ナルニの橋

19世紀フランスの風景画家、ジャン=バティスト・カミーユ・コローの代表作です。
コローの作品は、次世代の印象派との橋渡しをしたと言われ、印象派・ポスト印象派のピサロ、モネ、セザンヌ、フォーヴィスムのマティス、ドラン、キュビスムのピカソ、ブラック、グリスなど、後世の多くの画家に影響を与えました。
それでは具体的に観て行きましょう。
この作品では、コローがイタリア旅行で見た風景を大胆な筆遣いでスケッチしています。地中海の明るい陽光とイタリアの自然が溶け合った光景が、コローのみずみずしい感性で描かれている作品です。
ルーブル美術館所蔵。
<MAP>

1+

真珠の女

19世紀フランス画家、ジャン=バティスト・カミーユ・コローの人物画の最高傑作と言われる作品です。
コローは、晩年、リューマチが悪化し、戸外で風景画を制作できなくなったため、アトリエで人物画を描きました。
コロー作品は、次世代の印象派との橋渡しをしたと言われ、印象派・ポスト印象派のピサロ、モネ、セザンヌ、フォーヴィスムのマティス、ドラン、キュビスムのピカソ、ブラック、グリスなど、多くの後世の画家に影響を与えました。
さて、本作品ですが、構図や彼女のポーズは、レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」から採られています。
ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」が神秘的な微笑をたたえている一方、コローの描いた「真珠の女」はとても優しく温かい表情です。そして、コロー独特の色数を抑えた褐色的な色調・色彩とよく調和しています。
この作品はコローのお気に入りで、死ぬまで手放さず、客間に飾っていたそうです。
ルーブル美術館所蔵。
<MAP>

2+

アプルモンの樫の木

19世紀フランスのバルビゾン派(※1)の画家、テオドール・ルソーの作品です。
ルソーは、フランスの現実風景そのものを芸術的表現の主題として絵画を描きました。
それでは、具体的に観て行きましょう。
大きな樫の木のたくましい幹と豊かに生い茂った木の葉が、この絵画の主人公です。農民や牛はあくまでも脇役です。画面の3分の2を占める明るい空が樫の木を強調しています。
ルーブル美術館所蔵。
<MAP>

※1:バルビゾン派は、フランスのバルビゾン村やその周辺に画家本人が滞在又は居住し、自然主義的な風景画や農民画を写実的に描いた人たちです。

2+