四人のブルターニュの女の踊り ポール・ゴーギャン

フランスのポスト印象派の画家で総合主義(※1)の創始者のひとり、ポール・ゴーギャンの作品(1886年)です。
ゴーギャンが総合主義を宣言する2年前に描かれた本作からは、総合主義の萌芽を感じさせます。
それでは具体的に観て行きましょう。
素朴なブルターニュの農婦たちが民族的な踊りを踊る様子を描いた作品です。農婦たちは皆ポン・タヴァン地方の伝統的な衣装と髪飾りを身に着け、フェンスのすぐ近くで踊っているようです。これは観光客の来訪によって比較的裕福となったブルターニュの人々が観光客向けのパフォーマンスに興ずる姿が元となっていると言われています。遠景には一人男性が描かれていて、その男性はガチョウの放牧をしながら、畑仕事に励んでいます。
ゴーギャンはそこに都会では感じることのできない原始的な美しさを見出し、それを生き生きと表現しました。鮮明な輪郭線の使用や単純化されつつある形態・色彩表現などに、総合主義の萌芽を感じさせます。
ミュンヘンのノイエ・ピナコテーク所蔵
※1:総合主義:1880年代末頃、ポール・ゴーギャン、エミール・ベルナール、シャルル・ラヴァル、ルイ・アンクタンらによって提唱された芸術運動。色彩を分割しようとする印象主義への反発として現れた、ポスト印象主義の一潮流で、2次元性を強調した平坦な色面などに特徴があります。
<MAP>

+3

箪笥のある静物 ポール・セザンヌ

フランスのポスト印象派の画家、ポール・セザンヌの作品です。
本作は、セザンヌが考え抜いた構造を基に描かれており、それらはまるで生きているように、バリエーションに富んでいます。
それでは具体的に観て行きましょう。
まずテーブルクロスが印象的です。それは山のようであり、岩のような裂け目の塊であり、あるいは人間の姿のようであり、ねじれたり回転したりしています。テーブルクロスの曲がり、折り目、トーンの一つ一つが、隣り合う形や色と緻密に考慮されています。この幻想的なテーブルクロスがなければ、本作は無味乾燥で空虚なものになっていたことでしょう。
また箪笥の暗い縦長の鍵穴は、壺の横長の楕円と対極にあります。これらは、箪笥、テーブル、壁、床における垂直と水平の対比表現となっています。
本作は、パターンに満ちていながらも事前に決められたパターンを持たず、緻密でありながらも予想外の形があり、まるで生きているようにバリエーションに富んだ作品です。
ミュンヘンのノイエ・ピナコテーク所蔵。
<MAP>

+3

貧しき詩人 カール・シュピッツヴェーク

19世紀ドイツのビーダーマイヤー(※1)時代を代表する画家、カール・シュピッツヴェークの代表作です。
この作品は切手になっており、ドイツでは知らな人はいないと言われるほど有名です。また、シュピッツヴェークは、絵画における数少ないユーモアリストのひとりです。
それでは具体的に観て行きましょう。
描かれている場所はみすぼらしい屋根裏部屋。詩人が布団に潜り込んで横たわっています。頭にはナイトキャップを被り、その姿は老人といえどどこかチャーミングです。
暖炉の中には、薪ではなく原稿の束が入っています。
また雨漏りがするのか、彼の頭上には屋根から傘がぶら下がっています。けれども詩人はそんな境遇などどこ吹く風と言わんばかりに詩作に没頭しています。
ユーモアとそこに漂う哀愁が人気の作品です。
ミュンヘンのノイエ・ピナコテーク所蔵。
※1:ビーダーマイヤーとは、19世紀前半のドイツやオーストリアを中心に、もっと身近で日常的なモノに目を向けようとして生まれた市民文化の形態の総称です。
<MAP>

+2

男やもめ カール・シュピッツヴェーク

19世紀ドイツのビーダーマイヤー(※1)時代を代表する画家、カール・シュピッツヴェークの作品です。
シュピッツヴェークは、絵画における数少ないユーモアリストのひとりです。
具体的に観て行きましょう。
この男やもめは、手に無き愛妻の形見を持ち、妻を思いやりながらも、今し方目の前を通り過ぎて行った二人の若い女性の後ろ姿に心惹かれ、目で追っています。
本人も意識していないふとした、仕草にシュピッツヴェークのユーモアと皮肉が込められています。
ミュンヘンのノイエ・ピナコテーク所蔵。
※1:ビーダーマイヤーとは、19世紀前半のドイツやオーストリアを中心に、もっと身近で日常的なモノに目を向けようとして生まれた市民文化の形態の総称です。
<MAP>

+3

ミュンヘンのビア・ガーデン マックス・リーバーマン

19世紀のドイツを代表する印象派画家でベルリン分離派創立者の一人、マックス・リーバーマンの作品です。リーバーマンは、自分の庭の風景のほか、富裕階級の生活風景や肖像画を描き、ドイツの美術界や上流社会で尊敬される画家となりました。
それでは具体的に観て行きましょう。
この作品の舞台は、ミュンヘン市内のビア・ガーデンです。ビールを仲立ちに知らないもの同士が一家団欒のように和むという、ドイツらしい光景を描いています。
全体の構図や明るい色彩、地面に映る木漏れ日に、印象派の特徴が見られます。
ミュンヘンのノイエ・ビナコテーク所蔵。
<MAP>

+3

ひまわり(3作目) ゴッホ

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの代表作です。
ゴッホは「ひまわり」を7点制作し、このうち6点が現存しています。
本作品は、ゴッホが描いた3番目の「ひまわり」です。
青系統の背景が花の黄色を引き立たせています。
何点も「ひまわり」を描くに従って、花の数が増えています。
ミュンヘンのノイエ・ピナコテーク所蔵
<MAP>

+3