一角獣を抱く貴婦人 ラファエッロ・サンツィオ

古典主義絵画の祖のイタリア画家、ラファエッロ・サンツィオの作品(1506年頃)です。
一角獣は中世において純潔と貞操の象徴で、一角獣は処女のみが捕まえることができるとされていました。さらに1959年に行われた修復により、一角獣よりも以前には犬が描かれていたことが判明しました。犬もまた純潔と貞節の象徴で、本作はラファエッロが結婚を控えたこの花嫁と未来の夫への結婚祝いとして描き、贈ったものと言われています。
それでは具体的に観て行きましょう。
描かれているのは、ブロンドの髪に鋭い表情の若い女性で、背後の風景に向かって開かれたロッジアの前に座っています。彼女の腕の中には、頭に角の生えた小さな生き物、ユニコーンがいます。本作は非常に細密でリアルで、被写体の視線の強さを強調するような光の質を持ち、作品に説得力のある即時性を与えています。媒体は、パネルに油絵具で描かれており、テンペラでは得られない豊かな色彩とディテールが表現されています。
この頃のラファエッロは、同時代のレオナルド・ダ・ヴィンチに強い影響を受け、より複雑でダイナミックな表現を模索していました。特に本作は、ダ・ヴィンチが描いた「モナリザ」に影響を受けていると言われています。
ローマのボルゲーゼ美術館所蔵。
<MAP>

+2

キリストの遺骸の運搬 ラファエッロ・サンツィオ

古典主義絵画の祖でイタリア画家、ラファエッロ・サンツィオの作品(1507年)です。
ラファエッロ初期の代表作で「ボルゲーゼの十字架降下」とも呼ばれています。 バリオーニ家の青年がペルージアで惨殺された追悼として、母親のアタランタ・バリオーニの依頼により制作されました。
それでは具体的に観て行きましょう。
処刑されたイエス・キリストの遺骸を埋葬する場面「キリストの埋葬」を描いています。惨殺された青年を死したイエス・キリストに、悲しみのあまりに気を失う聖母マリアを若者の母親アタランタ・バリオーニに重ね描いています。
生気の感じられないイエス・キリストの亡骸の表現や身を捩じらせ倒れこむ聖母マリアの描写にミケランジェロの強い影響が指摘されています。
色彩豊かに描かれる情緒的な背景描写や古典の引用を思わせる登場人物の表現など、随所にラファエッロ独自の高度で洗練された表現が感じられます。
本作は教皇ユリウス2世がすでに名声を得ていたラファエッロをローマへと呼び寄せるための決定的な要因のひとつとなったと言われています。
ボルゲーゼ美術館(ローマ)所蔵。
<MAP>

+1

魔女キルケ

この絵画は16世紀フェラーラ派を代表する画家ドッソ・ドッシの作品で、難解で文学的な魅力に包まれた名作と言われています。
ドッソ・ドッシ独自の色彩による光と陰影の描写と安定的な構図が一体となった素晴らしい作品ですが、謎は尽きません。
この女性はだれ? 犬や鳥、それに鈍く光る甲冑はどういう意味? そして、画面右奥で語り合う3人の男たちはどういう人たち?
この謎を有望な説で解説していきましょう。
女性はキルケ。自身の敵と見做すものを、自らの魔力によって、ライオンや狼などの獣や怪物に変えてしまう魔女です。彼女は、呪術具らしき人形を見つめ、手には古文的文献と火が灯される松明が握られています。足下には円形の魔方陣や武具、幻想的な犬などが配され、キルケの魔女たる所以を表現しています。
画面右奥の3人の男は、オデュッセウス一行と思われます。これは伝説的逸話で、一行は魔女キルケによって豚に変えられてしまいますが、オデュッセウス自身はローマ神話の守護神、ヘルメスに授けられた薬草モーリュによって魔女キルケの魔法に打ち勝ちます。
一方、このような解説はさておき、魔女キルケの華麗な衣装には魅せられます。その魅力は安定的な構図に支えられており、後方の生き生きとした遠方まで見渡せる景色が引き立てているのです。
<MAP>

+3

天上の愛と地上の愛

15世紀ルネサンス期ヴェネツィア派巨匠ティツィアーノ・ヴェチェッリオの代表作。
この絵画はティツィアーノが29歳の時に描いたもので、若きティツィアーノの才能溢れる作品です。
それでは、具体的に見て行きましょう。
裸体で描かれた生命力に溢れるヴィーナス、輝きを帯びる美しい色彩、優雅で田園的な雰囲気等、ついつい見とれてしまいます。また、ヴィーナスがまとっている布の赤と、左の女性が着ている白いドレスの袖の赤が、画面のアクセントとなっています。
そして、ヴィーナスが天上の愛、その左の女性が地上の愛の象徴です。ヴィーナスが着衣の女性に語り掛けている動作は、地上の愛が天上の愛へと高まっていくことを教え示唆しています。
ボルゲーゼ美術館(ローマ)所蔵。
<MAP>

+2

電話予約が必要なボルゲーゼ美術館。

ボルゲーゼ家歴代の美術コレクションが展示されています。
ボルゲーゼ家はシエナ出身の貴族で、教皇パウルス5世を出した名門。
美術館は完全予約制で、電話で予約します。
おぼつかない英語の為、3回途中で電話を切られてしまいましたが、執念深く電話をし、翌日の予約が取れました。
電話でクレジットカード番号を教えたので、不安になり、不正使用されていないか確認を取りました。不正使用は無かったですが、こういう時は与信枠が少ないクレジットカードを使わないといけないですね。
不正使用有無の確認の折には日本支援者の援助を受けました。この場を借りて御礼申し上げます。

0