日本の美術品が多く展示されている、ジェノバ東洋美術館。

明治維新後の1875年、日本の招きにより来日したエドアルド・キヨッソーネが収集した美術品を展示する美術館。
キヨッソーネは大蔵省印刷局に勤務、主に偽造防止の紙幣制作の指導などにあたる傍ら、多くの日本美術品を収集したそうです。
ジェノバ東洋美術館に行く途中、中華料理屋さんを見つけたので、チャーハンとビールを飲みました。(右上)
< MAP >

0