役者 パブロ・ピカソ

19世紀スペインのキュビスムの創始者、パブロ・ピカソの「バラ色の時代」の作品です。当時のピカソには金銭的な余裕がなく、新しいキャンバスを購入できなかった為、他の画家が描いた作品の裏側を使用して制作されました。
現在価値で、100億円を超えると言われていますが、2010年、メトロポリタン美術館内で女性が転び、絵を破損させてしまったことがありました。
それでは観て行きましょう。
戯曲のポーズをした曲芸師が描かれています。曲芸師はグレーがかったピ ンク色の衣装を身にまとっています。
ピカソの「青の時代」から「バラ色の時代」への移行を示す作品で、これでも「青の時代」の作品に比べ、明るい色調でロマンチックな作風となっています。
ピカソが23歳の時に描いた作品です。
ニューヨークのメトロポリタン美術館所蔵
<MAP>

2+

夢見る人 パブロ・ピカソ

19世紀スペインのキュビスムの創始者、パブロ・ピカソのシュルレアリスム時代の作品です。ピカソの愛人だったマリー・テレーズの寝ている姿を曲線と鮮やかな濃い色調で描かれています。
曲線の描写により、マリー・テレーズの官能的な肉体が表現されています。彼女の頬は赤らみ、ブロンドの髪をなびかせながら頭を後ろに傾け、夢うつつです。
ニューヨークのメトロポリタン美術館所蔵。
<MAP>

3+

アルルの女(本を持つジヌー夫人) ファン・ゴッホ

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの作品です。
本作は、ゴーギャンやベルナールが提唱した総合主義的表現とゴッホ独自の表現がミックスされた作品です。
それでは具体的に観て行きましょう。
画面中央へ左斜めからの視点で描かれるジヌー夫人は濃緑色の円机の上に肘を突きながら、机上に置かれている書物へと視線を向けています。
またジヌー夫人は、アルル地方独特の民族的な衣服を身に着けており、衣服に用いられた黒色と紺青色が、簡素な背景である淡い檸檬色の中で際立っています。
表現手法としては質感や立体感などを否定した形態への追求や平面化された色面構成などは、ポール・ゴーギャンとエミール・ベルナールが提唱した総合主義的表現の影響を感じさせます。
一方、太く感情的な筆触や強烈な印象を与える原色的アプローチからは、ゴッホ独自の特徴が見られます。
ニューヨークのメトロポリタン美術館所蔵。
<MAP>

1+

三等列車 オノレ・ドーミエ

19世紀フランス画家、オノレ・ドーミエの作品です。
ドーミエは、産業革命によって移り変わる交通手段を主題とした絵画を多く描きました。この作品もそのひとつです。
それでは具体的に観て行きましょう。
三等車は車窓から光が入り、人でごった返し、汚く、固い椅子が並べられています。座席は、一等、二等の席が買えなかった者で埋め尽くされています。
乳飲み子を抱えた母親、バスケットの取っ手を握りしめる年老いた女、ぐっすり眠る少年。三世代が同時に座っています。まるで人生の縮図を表しているようです。成人した男性は後ろ姿のみで脇役です。これは女性が自分の世界を切り開こうとしてることを示唆しています。母親の顔は優しいが、年老いた女の表情は疲れ切っており、長い人生のなかで経験したであろう苦難を物語っています。老婆の抜け目のないまなざしは、鑑賞者をじっと見つめています。
ドーミエならではの観察眼の鋭さと暖かい共感をもって、乗客の内部に焦点を当てた作品です。
ニューヨークのメトロポリタン美術館所蔵。
<MAP>

3+

イア・オラナ・マリア(マリアを拝む)

フランスのポスト印象派の画家、ポール・ゴーギャンの作品です。
ゴーギャンがタヒチ滞在中に描いた初期の作品のひとつです。
それでは具体的に観て行きましょう。
赤の衣装をまとったマリアは、タヒチのマリアです。幼いキリストを肩に乗せたマリアを二人の女性が拝んでいます。マリアの表情は瞑想的で物静かであり、慎み深く、そして暖かさに満ちています。
キリストを肩に乗せたマリアを見るのは初めてです。また、中央でマリアを拝んでいる二人のポーズは、ボロブドゥール寺院の浮き彫り彫刻からとられたものです。
ニューヨークのメトロポリタン美術館所蔵。
<MAP>

2+