白貂(しろてん)を抱く貴婦人 レオナルド・ダ・ヴィンチ

15-16世紀イタリアの画家、レオナルド・ダ・ヴィンチの作品です。
ダ・ヴィンチの作品で、一人の女性を描いた肖像画はわずかに4作品しか現存せず、本作はその中のひとつです。ポーランドの国宝にも指定されています。
それでは具体的に観て行きましょう。
本作品はミラノ公ルドヴィーコ・スフォルツァの愛妾チェチリア・ガッレラーニを描いた作品です。
チェチーリアの身体は右方向を向いていますが、顔は左に向いています。これはダ・ヴィンチの作品でよく見られるピラミッド型螺旋の構図で、彼が生涯こだわっていた左へ振り向くという身体運動の力学が本作品にも反映されています。
また斜め前から見た横顔の肖像も、ダ・ヴィンチの特徴の1つで、視線は鑑賞者の方には向けられず、絵のフレームを越えた「第三者」に向けられています。
ポーランドのクラクフ国立美術館所蔵。
<MAP>

3+