ブージヴァルのダンス オーギュスト・ルノワール

19世紀フランス印象派の巨匠、ピエール=オーギュスト・ルノワールの作品。
田舎のダンス、都会のダンスと同年に発表された作品で、これらをダンスの3部作と呼ばれています。ダンスの3部作は、ルノワールがルネサンスの古典美術に触発され、それまでの印象派様式からドミニク・アングル風の様式へ移っていくきっかけとなった作品です。
具体的に観て行きましょう。
場所は郊外のダンスホール。麦わら帽子の男と赤い帽子の女が踊っています。足元に散らかったタバコの吸い殻が、庶民の楽しみの場であることを物語っています。流行の最先端である薄紅色のドレスは、ブラウスとスカートのアンサンブルです。
ルノワールの特徴である震え動くようなタッチは少なく、外光主義への拘りも薄れています。ルノワールの興味がルネサンス古典美術へ移って来ているのが伺える作品です。
ボストン美術館所蔵。
<MAP>

2+