タンギー爺さんの肖像 ファン・ゴッホ

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの作品です。
ゴッホは1886年3月から1888年2月までパリに滞在し数多くの作品を制作しました。本作はその中で同時期を代表する作品のひとつです。
それでは具体的に観て行きましょう。
画材店を営んでいたジュリアン・タンギー氏を描いた作品です。タンギー氏は、画材屋を営みながら貧しい画家を支援しており、ゴッホも画材の代金を支払う代わりに、自分が描いた絵を提供していたと言われています。
本作からは、タンギー氏に対するゴッホの深い敬愛の念が感じられます。
また、背景に浮世絵が描かれており、ゴッホのジャポニスムへの思い入れも濃く表れています。
パリのロダン美術館所蔵。
<MAP>

3+