蝶の捕獲 カール・シュピッツヴェーク

19世紀ドイツのビーダーマイヤー(※1)時代を代表する画家、カール・シュピッツヴェークの作品です。シュピッツヴェークは、絵画における数少ないユーモアリストのひとりです。
それでは具体的に観て行きましょう。
作品の場面は、南の国に珍種を求めてやって来た博物学者が巨大な美しい蝶を発見した場面です。しかし、大きな蝶は、手にした小さな網ではとても捕獲できそうにありません。博物学者の驚き、当惑して立ちつくす姿と光を反射した眼鏡から伝わるの表情がなんとも言えません。
画家のユーモアを感じる作品です。
ドイツのヴィースバーデン美術館所蔵。
※1:ビーダーマイヤーとは、19世紀前半のドイツやオーストリアを中心に、もっと身近で日常的なモノに目を向けようとして生まれた市民文化の形態の総称です。
<MAP>

3+