ヴィクトール・ショケの肖像 オーギュスト・ルノワール

19世紀フランス印象派の巨匠、ピエール=オーギュスト・ルノワールの作品です。
ルノワールは、物の固有色という固定観念を否定し、目に映る色彩をそのままキャンバスに写し取ろうとしました。
パレット上で絵具を混ぜず、細かなタッチをキャンバスに並べることで、臨場感を伝えるとともに、戸外の光の明るさを表現、思い切った輪郭線をぼかす手法を使って、絵画を描きました。
それでは具体的に観て行きましょう。
血色の良い顔、明るいグレーの上着、白いシャツなどにルノワールらしい細かなタッチが用いられ、髭の部分ひとつをとっても色彩的に微妙なニュアンスを見せています。
ショケの瞳に点じられた僅かな白が、画面全体を精彩あるものにしています。
ケンブリッジのハーバード美術館所蔵。
<MAP>

2+