80セントのために アンジェロ・モルベッリ

イタリア印象派画家、アンジェロ・モルベッリの作品です。
アンジェロ・モルベッリは、社会の諸問題を深く注目した画家でした。その視線は、田畑での労働や困窮する老人たちへ向けられました。
それでは具体的に観て行きましょう。
1890年代の初頭、米価が暴落し深刻な農業危機が発生し、稼ぎがもともと不安定だった田植え女性たちの生活はいっそう不安定になりました。
本作品はこれら搾取されていた女性たちのメッセージが込められています。僅か80セントの労賃のために広大な水田に腰をかがめ延々と田植えをする女性たちの姿で、過酷な労働に対しての賃金が不当に低かったことに対する無言の抵抗を表現しました。
それとは対照的にスカートの色や田圃の水の美しさが印象的な作品でもあります。
イタリアのフランシスコ・ボルゴーニャ美術館所蔵。
<MAP>

2+