東方三博士の旅 ジェームズ・ティソ

19世紀フランスの画家、版画家、ジェームズ・ティソの作品です。
聖書にも書かれている「ベツレヘムの星に導かれ 東方の三博士は幼子イエスを礼拝した」に基づき、隊列を組んで進む東方三博士の姿を描いています。キリストの誕生を聞いて、これを祝う為、東方の三博士がベツレヘムを訪れる場面です。
内縁の妻を失ったティソは、教会でのミサに感動し信仰に目覚め、描いたのがこの絵画です。
アメリカのミネアポリス美術研究所所蔵。
<MAP>

2+