ユダヤの花嫁

オランダ絵画黄金期を築いたレンブラント・ファン・レインの作品。アムステルダム国立美術館所蔵。
人物の中から輝き出すような黄金色と赤の色調が、二人の間の愛情と信頼の深さを感じさせる素晴らしい作品です。
<MAP>

1+

夜警

オランダ絵画黄金期を築いたレンブラント・ファン・レインの作品。アムステルダム国立美術館所蔵。
18世紀以降「夜警」と呼ばれるようになりましたが、題名は「フランス・バニング・コック隊長とウィレム・ファン・ライテンブルフ副隊長の市民隊」で、夜ではく昼の風景を描いています。
この作品は次の3つの要素で有名です。
①巨大さ(縦3メートル63センチ、横4メートル37センチ)。
②光と影の効果的な使用。
③当時は不動の姿勢で描かれた軍隊や自警団の集団肖像画に動きの要素を取り入れた。
<MAP>

1+

聖ペテロの否認

オランダ絵画黄金期を築いたレンブラント・ファン・レインの晩年の作品。アムステルダム国立美術館所蔵。
イエスの死後キリスト教団の指導者となったペテロが、イエスが捕らえられた際、イエスを三度否認してしまう場面を絵画化した作品です。
詳しくは、「http://blog.tg-prise.com/エルサレムの鶏鳴教会/」参照。
隣接する空間に中心をスライドさせて、視点はペテロと彼を詰問する女に向けられています。 彼を疑う兵士たちの視線は皆ペテロに集約されています。
レンブラントのこうした人物配置のみによる巧みな視線の誘導・操作は、「図像様式」というレンブラント解釈の専門語を生み出しました。
聖ペテロ―の持つ悲痛は、人性を持つあらゆる精神の挫折と悲痛の表現なのか、それとも人性が真なる敬虔を許されるための大いなる頽廃の表現なのか…
ペテロの顔つきには、多くの思索に耐える奥行きが与えられています。
<MAP>

1+

7世紀のオランダ絵画が充実している、アムステルダム国立美術館。

1800年にオランダ総督ルブランがハーグで開いた展覧会が基礎となっている美術館。当時はナショナル・アート・ギャラリーと呼ばれていましたが、1808年にナポレオン1世の命によりアムステルダムに移転、1885年に現在の場所に移動しました。
17世紀のオランダ絵画が充実している事で有名。

1+