ひまわりを描くゴッホ

フランスのポスト印象派の代表的な画家、ポール・ゴーギャンの作品です。
フィンセント・ファン・ゴッホとフランスのアルルで一緒に過ごした2か月間に作成された作品です。
ゴッホの代表作である「ひまわり」を描くゴッホを独特のタッチで描がいています。しかしゴッホの表情は、どこか暗く険しく「太陽の花:ひまわり」を描いている喜びは感じられません。この絵を見たゴッホは「これは確かに自分だが、気の狂った自分だ」と言ったとされます。
オランダのゴッホ美術館所蔵。
<MAP>

3+

ひまわり(6作目)

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの代表作です。
ゴッホは「ひまわり」を7点制作し、このうち6点が現存しています。
本作品は、ゴッホが描いた6作目の「ひまわり」です。
ゴッホが病院から「黄色い家」に戻り、現在、ロンドンのナショナル・ギャラリー所蔵の「ひまわり」を模写したものと言われています。
アムステルダムのゴッホ美術館所蔵。
<MAP>

3+