アイリスのある静物 ファン・ゴッホ

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの作品です。
本作で描かれているのはダッチ・アイリス、和名はあやめです。
それでは具体的に観て行きましょう。
鮮やかな黄を背景に、丸みを帯びた花瓶に生けられたアイリスがくっきりとした輪郭で描かれています。とりわけ青い花弁、その間から覗くこの花特有の直線的な緑の葉が、背景の黄との色彩対比を際立たせ、全体に力強さを与えています。
萎れて垂れた一束のアイリスが、当時ゴッホの精神的に不安定で漠然とした恐れを表しています。
アムステルダムのゴッホ美術館所蔵。
<MAP>

2+

アルルのゴッホの寝室 ファン・ゴッホ

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの作品です。
本作は、ゴッホが南フランスのアルル滞在時に描いた作品です。弟テオに宛てた手紙の中で「僕は自分の寝室を描いた。この作品では色彩が全ての要であり、単純化した物体(構成要素)は様々な色彩によってひとつの様式となり、観る者の頭を休息させる。僕はこの作品で絶対的な創造力の休息を表現したかった。」と述べています。
それでは具体的に観て行きましょう。
画面右側にゴッホが使用していたベッドが置かれ、白壁には絵画が飾られています。画面左奥には小さな木机とそこに置かれる瓶や水差し、さらに画面手前に画面中央の椅子とほぼ同様の椅子が描かれています。正面の壁には三角形の窓と、その両脇に風景画らしき絵画が掲げられています。
寝具、木製の机、ニ脚の椅子、壁に掛けられる絵画、木の床、窓は、それに持ちいられている赤色や黄色の鮮やかな色彩と、壁の青味を帯びた色彩の対比により、ひとつの様式となり、観る者の頭を休息させてくれます。
ゴッホは。「この作品で絶対的な創造力の休息を表現したかった。」のでした。
アムステルダムのゴッホ美術館所蔵。
<MAP>

2+

ゴーギャンの肘掛け椅子 ファン・ゴッホ

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの作品です。
ゴッホ作の「アルルのゴッホの椅子」と同時期に作成された作品です。ゴッホの椅子は昼間の明るい光の中で描かれているのに対し、ゴーギャンの椅子は夜のランプの光の下で描かれています
具体的に観て行きましょう。
画面中央に、やや曲線を強調した木製の椅子が斜めに描かれています。座面部分には一本の蝋燭と2冊の小説が置かれています。木製の床面に、ランプの光を粒状に反射させることで、不思議な質感を生み出させています。
椅子や床面に使用される茶色と椅子の座面や壁色として使われる緑色の色彩的対比、そして、それらを関連・調和させる炎やランプや小説のカバーに用いられる黄色には、ゴッホの絶妙な色彩的才能が表れています。
椅子の上の蝋燭の炎はゴッホ自身の人生の光明を、そして儚さを同時に象徴しているのでしょう。
アムステルダムのゴッホ美術館所蔵。
<MAP>

2+

ラ・クローの収穫(青い荷車) ファン・ゴッホ

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの作品です。
ラ・クロ平野の収穫期の黄金色をベースとした、色彩のハーモニーが素晴らしい作品です。
それでは具体的に観て行きましょう。
本作品は南フランスのラ・クロ平野の収穫風景を描いた作品です。
画面のほぼ中央の青い荷車、その水平線上の右部分に小さな赤い荷車、そして左部分へは大きな積み藁が配されています。
これらを中景として画面下部へは前景となる簡素な柵が背の低い木立が、画面上部へは遠景として悠々と広がるラ・クロ平野と青々とした山が描かれています。
多様に輝くラ・クロ平野の輝くような黄金色がまず前景を支配し、前景と中景の間には黄色と相性の良い緑色の木立が広げられています。
そこから再度、多様な黄色が中景として画面の大部分を支配し、そして青く透き通る山々、更に青空へと続いていきます。
この視線の流れを意識した色彩の心地良い変化とアクセント的の加えられる赤色、白色などの色彩のハーミニーは、観る者を魅了します。
アムステルダムのゴッホ美術館蔵。
<MAP>

3+

黄色い家 ファン・ゴッホ

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの作品です。
ゴッホは、本作品を描くにあたって、
「硫黄色の太陽と、混じりけのないコバルトブルーの空の下の黄色い家々。これを表現することはなんいう挑戦なのだろう。だからこそ、私はこの主題を描きあげたいのだ」
と語ったと言われる程、希望に満ち、意欲的に本作を描きました。
それでは具体的に観て行きましょう。
フランスのアルル地方の家を描いた作品です。画面中央にはラマルティーヌ広場に面する黄色い家を始めとした建物群が描かれており、画面下部には街道を行き交う人々が数人配されています。
建物群と街道には輝くような強烈な黄色が用いられており、画面の2/3は、ゴッホの希望を感じさせる黄色によって支配されています。
また、それとは対照的に画面上部には、鮮やかでやや重々しい青色の空が縦横の筆触によって描かれており、黄色と青色の絶妙な色彩的対比が見事です。
画面中心部分に位置する2階建ての建物がゴッホの家で、数多くの作品がこの家の一階に位置したアトリエで制作されました。
アムステルダムのゴッホ美術館蔵。
<MAP>

2+

イーゼルの前の自画像 ファン・ゴッホ

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの作品です。
ゴッホは1886年3月から1888年2月までパリに滞在し数多くの作品を制作しました。本作も同時期に描かれた作品で、レンブラントやフランス・ハルスからの影響を感じさせる作品と言われます。
それでは具体的に観て行きましょう。
画中のゴッホの姿は画面中央に描かれ、服装は地味な労働者が身にまとうような衣服を着ています。ゴッホが右手に持っているパレットは普段利用している物です。明るい背景がゴッホの姿を包み込み、衣服の輪郭に沿って滑り、ほぼ半透明の肌の色合いと融合しています。
ゴッホの視線は作品を観る者を真っすぐに見つめており、表情は画家として自信に溢れ、何かを決意したような力強さを感じます。
アムステルダムのゴッホ美術館蔵。
<MAP>

2+

カフェ・タンブランの女 ファン・ゴッホ

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの作品です。
ゴッホは1886年3月から1888年2月までパリに滞在し数多くの作品を制作しましたが、本作はその中でも「タンギー爺さんの肖像」と共に同時期を代表する作品のひとつです。
それでは具体的に観て行きましょう。
本作は、パリの古い酒場キャバレー・カフェの年老いた女主人アゴスティーニ・セガトーリを描いた作品です。
女主人は、疲れきったかのような、やや陰鬱的な表情を浮かべながら右手に火のついた煙草を持っています。アンバランスに描かれる両目の焦点が定まらない表現は女主人の酔いの深さを感じさせます。そして円卓として使用される太鼓の上にはアルコールが置かれており、当時のパリにおいて重大な問題となっていたアルコールへの依存を暗喩させています。
本作の描かれる主題やその独特な退廃的表現は、印象派の先駆者エドガー・ドガの傑作「アプサントを飲む人(カフェにて)」の影響を受けていると言われています。
アムステルダムのゴッホ美術館所蔵。
<MAP>

2+

1足の靴(古靴、古びた靴) ファン・ゴッホ

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホのパリ時代の代表作です。ゴッホが絵画を学ぶ為にパリを訪れた際、ゴッホ自身が履いていた革靴を描いたものです。
荒々しく大胆な筆触ながら、皮が剥げて擦切れて草臥れ、泥まみれで汚れがこびりつき、長年の雨風で皮がよじれてねじ曲がっています。
靴が過酷な状況下で使用され続けたことを想像させる作品です。
アムステルダムのファン・ゴッホ美術館所蔵。
<MAP>

2+

馬鈴薯を食べる人たち(食卓についた5人の農民) ファン・ゴッホ

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの初期の代表作です。
ゴッホは本作を制作した後、「僕はこの絵で何よりも、ランプの下で皿に盛られた馬鈴薯(じゃがいも)を食べる人々の手が、大地を耕していた手であることを明確に表現することに力を注いだ」と言っています。
ゴッホは、労働者に宗教画にも通じる聖性を含んだ賛美と深い共感を感じていたのでした。
それでは具体的に観て行きましょう。
貧しい労働者階級の家族が、小さな慎ましいランプの光の中で夕食として馬鈴薯を食する情景を画題にした作品です。
画面中央やや上に煌々と炎を灯し暗闇を照らす小さなランプが配され、その周りを囲むように労働者階級の人々が描かれています。画面左側の若い男女は何か会話をしながら皿に盛られたジャガイモにフォークを挿しており、画面右側の少し年齢を重ねた老男女はカップにコーヒーのような飲み物を注いでいます。
強烈な明暗と光の描写によって登場人物や各構成要素は闇の中で浮かび上がるかのように表現されており、その姿や様子は風俗的な内容ながら聖画のような厳粛性を感じさせます。
アムステルダムのゴッホ美術館所蔵。
<MAP>

2+