アンギアーリの戦いとカスチーナの戦い レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロ

「アンギアーリの戦い」は、15-16世紀イタリアの画家、レオナルド・ダ・ヴィンチの作品です。
フィレンツェのヴェッキオ宮殿の大広間に描かれた壁画です。軍旗を激しく奪い合う兵士達や軍馬の衝突が描かれ、ダ・ヴィンチ最大の大作と言われています。
ダ・ヴィンチは、本作を油絵で描こうとしました。ロウを混ぜた厚い下塗りなど試行錯誤をしましたが、表面の絵具が流れ落ち、結局、壁画を途中で諦めることになりました。
現在は、ヴァザーリ作のフレスコ画「ヴァルディキアーナでのマルチャーノの戦い」で上書きされてしまったため、ヴェッキオ宮殿で見る事はできません。しかし、ピーテル・パウル・ルーベンスにより模写されたもの(上記画像)がルーブル美術館に展示されています。
一方、ダ・ヴィンチがヴェッキオ宮殿で「アンギアーリの戦い」を描いていた頃、反対側の壁では、ミケランジェロが「カスチーナの戦い」を描いていました。

ミケランジェロの「カスチーナの戦い」

しかし、こちらも「カスチーナの戦い」の下描きが終わった頃、ミケランジェロは教皇の墓を手がけるためにユリウス2世にローマへ呼び戻され、未完のままとなりました。
フィレンツェのヴェッキオ宮殿所蔵。
<MAP>

3+

ドーニ家の聖家族

ミケランジェロの作品。フィレンチェのウフィツィ美術館所蔵。
この作品はドーニ家の婚礼に際し、記念として家族礼拝用に制作されたものです。
画面は前後三層からなり、奥の空間が異教徒の律法無き時代、ヨセフのいる空間がユダヤ的律法の時代、聖母のいる空間が恩寵の時代でキリスト教から見た3時代を象徴しています。色調は鮮やかで影がない。これはミケランジェロが明暗と陰影ですべてを表現しようとしたレオナルドに対抗して、鮮やかな象徴的色彩を主張したものです。
<MAP>

3+