杭打ち人夫 マクリミリアン・リュス

19~20世紀フランスの新印象派の画家、イラストレータ、版画家である、マクリミリアン・リュスの作品です。リュスは、労働者をモティーフとした絵画を数多く描きました。
それでは具体的に観て行きましょう。
本作品は、ベルギーのシャルルロワ炭鉱を描いています。新印象派の特徴である、戸外の明るい光を、日差しの強烈さとして表現し、肉体労働の過酷さが伝わってくる作品に仕上げています。
また川の向こう岸には工場の煙突群が描かれ、当時の急速な工業化を暗示しています。
オルセー美術館所蔵。
<MAP>

3+