四人のブルターニュの女の踊り ポール・ゴーギャン

フランスのポスト印象派の画家で総合主義(※1)の創始者のひとり、ポール・ゴーギャンの作品(1886年)です。
ゴーギャンが総合主義を宣言する2年前に描かれた本作からは、総合主義の萌芽を感じさせます。
それでは具体的に観て行きましょう。
素朴なブルターニュの農婦たちが民族的な踊りを踊る様子を描いた作品です。農婦たちは皆ポン・タヴァン地方の伝統的な衣装と髪飾りを身に着け、フェンスのすぐ近くで踊っているようです。これは観光客の来訪によって比較的裕福となったブルターニュの人々が観光客向けのパフォーマンスに興ずる姿が元となっていると言われています。遠景には一人男性が描かれていて、その男性はガチョウの放牧をしながら、畑仕事に励んでいます。
ゴーギャンはそこに都会では感じることのできない原始的な美しさを見出し、それを生き生きと表現しました。鮮明な輪郭線の使用や単純化されつつある形態・色彩表現などに、総合主義の萌芽を感じさせます。
ミュンヘンのノイエ・ピナコテーク所蔵
※1:総合主義:1880年代末頃、ポール・ゴーギャン、エミール・ベルナール、シャルル・ラヴァル、ルイ・アンクタンらによって提唱された芸術運動。色彩を分割しようとする印象主義への反発として現れた、ポスト印象主義の一潮流で、2次元性を強調した平坦な色面などに特徴があります。
<MAP>

3+

ゴーギャンの家の広間(カルセル街の画家の室内) ポール・ゴーギャン

フランスのポスト印象派の画家、ポール・ゴーギャンの初期作品(1881年)です。
パリのバージラール地区カルセル街にあった、ゴーギャンの自宅を描いた作品です。ゴーギャンの妻メットへ画家としての信念を伝えようと制作されたと言われています。
それでは具体的に観て行きましょう。
中央奥で男と話をしているのは、ゴーギャンの妻メットです。薄暗い部屋の手前中央に色鮮やかな花を置き、全体にアクセントを持たせています。
手前にテーブルを置き、仕切りの向こうに会話する人を描くことで部屋の空間性を表現しています。そして、ゴーギャンの妻と話をしている男性からは、何故か孤立感が漂っています。
本作から感じられる心理的緊張感や孤立感は、この情景に相応しいであろう平穏で温かな雰囲気とは正反対であり、観る者へ鮮烈な印象を与えます。
ノルウェーのオスロ国立美術館所蔵
<MAP>

2+

裸婦習作(縫い物をするシュザンヌ) ポール・ゴーギャン

フランスのポスト印象派の画家、ポール・ゴーギャンの初期の作品(1880年)です。
ゴーギャンが描いた絵画の中で最初に人々から注目された作品として有名です。
完成された古典美術の女神ヴィーナスのような理想的な裸婦ではなく、裸婦の自然な姿をありのままに描いているところが当時の批評家に高く評価されました。
それでは具体的に観て行きましょう。
若い裸体の女性が縫い物をしている場面を描いています。場所は寝室で、女性はきちんとたたまれていないベッドの上に座っており、女性の背景は薄紫色の壁でマンドリンとタペストリーが飾られています。女性の顔が魅力的なのに対して、体はたるんでいて、異常に腰まわりが大きくわざと不恰好に描かれています。
本作からはゴーギャンの裸婦に対する関心はあまり感じられず、背景のマンドリンや裸婦の背後の緑色の衣服などと同様に作品を構成する一要素として描いています。
そこからは、ゴーギャンの構成に対する拘りと理解の深さを感じさせます。
デンマークの ニュー・カールスベルク美術館所蔵
<MAP>

1+

光輪のある自画像 ポール・ゴーギャン

フランスのポスト印象派の画家、ポール・ゴーギャンの自画像代表作です。
それでは具体的に観て行きましょう。
赤一色の背景をバックにし、ゴーギャンの頭上には光輪が描かれており、己の姿を聖なる存在として表現しています。絵の手前には花と植物が、そして、ゴーギャンのすぐ傍にはりんごが2個ぶら下がっており、手の指と指の間には蛇も描かれている奇妙な作品です。
この作品から、ゴーギャンが浮世絵やクロワゾニスム(※1)の影響を受けていることが判ります。
ワシントンのナショナル・ギャラリー所蔵。
<MAP>

※1:クロワゾニスムとは、対象の質感、立体感、固有色などを否定し、輪郭線で囲んだ平坦な色面によって対象を構成する描写方法で、ポスト印象派の様式です。

2+

ポール・ゴーギャン 自画像(レ・ミゼラブル)

フランスのポスト印象派の画家、ポール・ゴーギャンの作品です。
「レ・ミゼラブル」とは、ヴィクトル・ユゴーの長編小説の題名です。
画中のゴーギャンは文字通り「斜に構え」、挑戦的な眼差しを投げかけ不敵な笑みを浮かべています。また背景の花柄の壁は清純の象徴です。
ゴーギャンの大胆な色使いに圧倒される作品です。
オランダのファン・ゴッホ美術館所蔵。
<MAP>

2+

説教の後の幻影

フランスのポスト印象派の画家、ポール・ゴーギャンの作品です。
ゴーギャンの作品の中で、印象派から飛躍する重要な岐路となった作品です。
それでは具体的に観て行きましょう。
ゴーギャンは木を使って絵を2つの部分に分けています。左側には、赤い野原を背景にこぎれいな白いボンネットを被った女性たちが、模様のように描かれています。
鑑賞者の視線は、右奥側に描かれた、ヤコブが天使と格闘する幻影に吸い寄せられていきます。
クロワゾニスム(対象の質感、立体感、固有色などを否定し、輪郭線で囲んだ平坦な色面によって対象を構成する描写方法で、ポスト印象派の様式)で描かれた、
ゴーギャンが印象派から飛躍を遂げた作品です。
スコットランド国立美術館所蔵。
<MAP>

2+

イア・オラナ・マリア(マリアを拝む)

フランスのポスト印象派の画家、ポール・ゴーギャンの作品です。
ゴーギャンがタヒチ滞在中に描いた初期の作品のひとつです。
それでは具体的に観て行きましょう。
赤の衣装をまとったマリアは、タヒチのマリアです。幼いキリストを肩に乗せたマリアを二人の女性が拝んでいます。マリアの表情は瞑想的で物静かであり、慎み深く、そして暖かさに満ちています。
キリストを肩に乗せたマリアを見るのは初めてです。また、中央でマリアを拝んでいる二人のポーズは、ボロブドゥール寺院の浮き彫り彫刻からとられたものです。
ニューヨークのメトロポリタン美術館所蔵。
<MAP>

2+

ヴァイルマティ

フランスのポスト印象派の画家、ポール・ゴーギャンの作品です。
ゴーギャンが二度目のタヒチ滞在時に描いた作品です。
前景の若い女性ヴァイルマティは、半神の化身で、タヒチの伝説に登場する創造神オロの妻となった女性です。
彼女は王座のようなものに座り、後光のような背もたれはボロブドゥール寺院の浮き彫りからとられたモティーフで飾られています。
右上の角の人物にもボロブドゥール寺院の要素が見て取れます。左下の奇妙な白い鳥が爪でトカゲを捉えています。これはゴーギャン曰く「無意味な言葉の無益さ」を表しているそうです。
オルセー美術館館所蔵。
<MAP>

2+

黄色いキリスト

フランスのポスト印象派の画家、ポール・ゴーギャンの代表作です。
本作品は、絵画における象徴主義の重要な作品の一つと言われています。
それでは具体的に観て行きましょう。
黄色いキリスト像や敬虔な農婦らの姿、そして朱々と紅葉する木々、黄色く輝く丘などは太く明確な輪郭線によって個々が区別され、祈りをする女性達のみ陰影を付け強調されています。
背景はスクランブルの手法を使い空間の遠近を表していると同時に、秋をモチーフする黄色、赤、そして緑の色彩達を使用し、メインとなる黄色いキリスト像とお互いに共鳴しています。
クロワゾニスム(対象の質感、立体感、固有色などを否定し、輪郭線で囲んだ平坦な色面によって対象を構成する描写方法で、ポスト印象派の様式)で描かれた作品です。
ニューヨーク州のオルブライト=ノックス美術館所蔵。
<MAP>

2+