ひまわり(7作目)

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの代表作です。
ゴッホは「ひまわり」を7点制作し、このうち6点が現存しています。
本作品は、ゴッホが描いた7作目の「ひまわり」です。
現在、ミュンヘンのノイエ・ピナコテーク所蔵の「ひまわり」を模写したものと言われおり、青系統の背景が花の黄色を引き立たせています。
フィラデルフィア美術館所蔵。
<MAP>

2+

ひまわり(6作目)

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの代表作です。
ゴッホは「ひまわり」を7点制作し、このうち6点が現存しています。
本作品は、ゴッホが描いた6作目の「ひまわり」です。
ゴッホが病院から「黄色い家」に戻り、現在、ロンドンのナショナル・ギャラリー所蔵の「ひまわり」を模写したものと言われています。
アムステルダムのゴッホ美術館所蔵。
<MAP>

3+

ひまわり(5作目)

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの代表作です。
ゴッホは「ひまわり」を7点制作し、このうち6点が現存しています。
本作品は、ゴッホが描いた5作目の「ひまわり」です。
1888年12月の有名な「耳切り事件」の前後に描かれた作品です。ひまわりの季節が終わり生花からは描けなくなったので、現在、ロンドンのナショナル・ギャラリー所蔵の「ひまわり」を模写したと言われています。
本作品は、1987年3月安田火災海上が、ロンドンのクリスティーズで2250万ポンド(当時の為替レートで約53億円)で落札し、現在は、東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館に展示されています。
<MAP>

1+

ひまわり(4作目)

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの代表作です。
ゴッホは「ひまわり」を7点制作し、このうち6点が現存しています。
本作品は、ゴッホが描いた4作目の「ひまわり」です。「ひまわり」の花の数は、3作目よりも更に増えています。ゴッホにとって黄色は「聖なる色」であり、本作では、背景まで黄色で統一されています。
ロンドンのナショナル・ギャラリー所蔵
<MAP>

2+

ひまわり(3作目)

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの代表作です。
ゴッホは「ひまわり」を7点制作し、このうち6点が現存しています。
本作品は、ゴッホが描いた3番目の「ひまわり」です。
青系統の背景が花の黄色を引き立たせています。
何点も「ひまわり」を描くに従って、花の数が増えています。
ミュンヘンのノイエ・ピナコテーク所蔵
<MAP>

3+

ひまわり

オランダのポスト印象派の画家、フィンセント・ファン・ゴッホの代表作です。
ゴッホは「ひまわり」を7点制作し、その内6点が現存しています。
本作品は、1888年にゴッホが最初に描いた「ひまわり」で、ゴッホが描いた「ひまわり」の中でも花の数が少なく、とてもシンプルな作品です。

2+