ナヴォーナ広場

イタリア出身の新古典主義の画家、ジョヴァンニ・パオロ・バンニーニの作品です。
バンニーニは、様々な古代遺跡を組み合わせた「創造的廃墟図」が有名ですが、ここでは、壮麗な広場の景観を緻密に描いています。
それでは具体的に観て行きましょう。
描かれているのは、長さ240メートル、奥行き65メートルにも及ぶローマのナヴォーナ広場です。広場の中央には世界の象徴である四つの大河(ナイル川、ガンジス川、ドナウ川、ラプラタ川)を擬人化した「四大河の噴水」があり、高いオペリスクと共に画面中央に見えます。広場の景観が緻密に描かれています。
ルーブル美術館所蔵。
<MAP>

3+