フラットフォードの製粉所

19世紀イギリスを代表する風景画家、ジョン・コンスタブルの作品です。
コンスタブルは終生故郷サフォーク周辺の身近な風景を描き続けました。刻々と変化する光の効果を捉えようとしたことやパレットで色を混ぜ合わせるのでなく画面上に異なる色価の筆触を並べるなど、その製作態度や技法は印象派の先駆けとなるものでした。
それでは具体的に観て行きましょう。
流れる雲の下、緑なす田園地帯の爽やかさは、思わず深呼吸してみたくなるような美しさです。緑や青を主とした寒色系の画面の中に置かれたわずかな赤がアクセントとなり、作品に温かい、やさしい情感を与えてくれます。
カンスタブルの絵は緻密に見えますが、実は比較的荒いタッチで描かれており、大気の揺らぎや光の煌めきをみずみずしいタッチで表現しています。
ロンドンのテート・ブリテン所蔵。
<MAP>

2+

干し草車

同時代のウィリアム・ターナーと共に、19世紀イギリスを代表する風景画家、ジョン・コンスタブルの代表作です。
コンスタブルは伝統的な風景画様式から逸脱し、風景の中に己が感じる美しさを独自の感覚で捉え表現しました。また、いつの頃からか、画面のアクセントとして赤い色を使うようになりました。
それでは具体的に観て行きましょう。
この作品もコンスタブルの故郷の光景です。犬だけが顔を上げ、空の荷馬車がウイリー・ロットの家の脇でストゥア川を渡って、遠景の牧草地に向かおうとしています。
今にもパタパタと動き出しそうな犬の尻尾は、僅かなタッチで表現され、小川の輝きも、粗い塗りの白いハイライトに過ぎません。それでいて明るく輝いています。
この素早いタッチ、新鮮な色彩、光の輝きに、コンスタブル独自の感覚が表現されています。そして、画面のアクセントとして、鞍に赤が使われています。
ロンドンのナショナル・ギャラリー所蔵。
<MAP>

2+

麦畑

同時代のウィリアム・ターナーと共に、19世紀イギリスを代表する風景画家、ジョン・コンスタブルの作品です。
コンスタブルは伝統的な風景画様式から逸脱し、風景の中に己が感じる美しさを独自の感覚で捉え表現しました。
この作品はコンスタブルの故郷の光景です。夏の昼下がり、羊番の少年が澄んだ小川で喉の渇きを癒し、辺りには夏草が咲き乱れています。
黄金に色づく風景の中で、羊番の少年の赤い服がアクセントになっています。長閑で美しい田舎の一場面を描いた作品です。
ロンドンのナショナル・ギャラリー所蔵。
<MAP>

2+