アイストの浜辺 ジョルジュ・レメン

ベルギーの新印象派画家、ジョルジュ・レメンの代表作です。
レメンは、スーラに影響を受け、点描と色彩分割手法を用いて絵画を描きました。
しかし1891年にスーラが亡くなり、1890年代の後半からは「点描」技法を使わなくなりました。
それでは具体的に観て行きましょう。
点描により効果的に表現された空と海。全体的に穏やかな曲線が支配する中、ヨットの鋭いマストがアクセントとなっています。
オルセー美術館所蔵。
<MAP>

3+