ナルニの橋

19世紀フランスの風景画家、ジャン=バティスト・カミーユ・コローの代表作です。
コローの作品は、次世代の印象派との橋渡しをしたと言われ、印象派・ポスト印象派のピサロ、モネ、セザンヌ、フォーヴィスムのマティス、ドラン、キュビスムのピカソ、ブラック、グリスなど、後世の多くの画家に影響を与えました。
それでは具体的に観て行きましょう。
この作品では、コローがイタリア旅行で見た風景を大胆な筆遣いでスケッチしています。地中海の明るい陽光とイタリアの自然が溶け合った光景が、コローのみずみずしい感性で描かれている作品です。
ルーブル美術館所蔵。
<MAP>

1+

真珠の女

19世紀フランス画家、ジャン=バティスト・カミーユ・コローの人物画の最高傑作と言われる作品です。
コローは、晩年、リューマチが悪化し、戸外で風景画を制作できなくなったため、アトリエで人物画を描きました。
コロー作品は、次世代の印象派との橋渡しをしたと言われ、印象派・ポスト印象派のピサロ、モネ、セザンヌ、フォーヴィスムのマティス、ドラン、キュビスムのピカソ、ブラック、グリスなど、多くの後世の画家に影響を与えました。
さて、本作品ですが、構図や彼女のポーズは、レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」から採られています。
ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」が神秘的な微笑をたたえている一方、コローの描いた「真珠の女」はとても優しく温かい表情です。そして、コロー独特の色数を抑えた褐色的な色調・色彩とよく調和しています。
この作品はコローのお気に入りで、死ぬまで手放さず、客間に飾っていたそうです。
ルーブル美術館所蔵。
<MAP>

2+

ローマのサンタンジェロ城とテヴェレ川

19世紀フランスの風景画家、ジャン=バティスト・カミーユ・コローの作品です。コローは、理想化された風景ではなく、イタリアやフランスのありふれた風景を詩情豊かに描きました。
コロー作品は、次世代の印象派との橋渡しをしたと言われ、印象派・ポスト印象派のピサロ、モネ、セザンヌ、フォーヴィスムのマティス、ドラン、キュビスムのピカソ、ブラック、グリスなど、多くの後世の画家に影響を与えました。
「どんな場所あるいは物を描くにしろ、自分の第一印象に忠実であるべきです。もし自分が本当に感動していれば、自分の感動が真実なものであることを他人に伝えることが出来る筈です」
コローの晩年の言葉です。ルーブル美術館所蔵。
<MAP>

2+

マントの橋

19世紀フランスの風景画家、ジャン=バティスト・カミーユ・コローの晩年の傑作です。
コローは、理想化された風景ではなく、イタリアやフランスのありふれた風景を詩情豊かに描きました。その作品は、次世代の印象派との橋渡しをしたと言われ、印象派・ポスト印象派のピサロ、モネ、セザンヌ、フォーヴィスムのマティス、ドラン、キュビスムのピカソ、ブラック、グリスなど、多くの後世の画家に影響を与えました。
それでは具体的に観て行きましょう。
手前の木々のゴツゴツとした強さと後景の橋の規則的な丸みが対照的です。橋の持つ幾何学的な構造が、画面に安定感をもたらしています。
手前の緑と川面の青、そして木々の葉から空へと常がる静かな風景は、安らぎを感じさせ、そして、釣り人の帽子の僅かな赤が、良いアクセントになっています。
ルーブル美術館所蔵。
<MAP>

2+

モルトフォンテーヌの思い出

19世紀フランスの風景画家、ジャン=バティスト・カミーユ・コローの代表作です。
コローは、理想化された風景ではなく、イタリアやフランスのありふれた風景を詩情豊かに描きました。
その作品は、次世代の印象派との橋渡しをしたと言われ、印象派・ポスト印象派のピサロ、モネ、セザンヌ、フォーヴィスムのマティス、ドラン、キュビスムのピカソ、ブラック、グリスなど、多くの後世の画家に影響を与えました。
それでは具体的に観て行きましょう。
本作では、女性と子供たちが木々に囲まれた湖畔で過ごしている一場面が描かれています。無駄なものが省かれた右側の部分と、3人の少女によって活気が与えられている左側の部分との左右非対称が、構図に絶妙なバランスを与えています。
前景では一本の木が幕のようなものを形作り、木の背後では、水面が見る者の視線は、青みがかった遠景から空へと導かれます。
空と水面の薄青色と、木々の茂みの茶色と緑色。コロー特有の柔らかな色彩がデリケートな調和を醸し出す、詩情豊かな作品です。
ルーブル美術館所蔵。
<MAP>

3+