オランピア エドゥアール・マネ

印象派の創設に影響を与え近代美術の父とも呼ばれる、19世紀フランスの画家エドゥアール・マネの代表作のひとつです。
マネは、伝統的な絵画を下敷きとしつつ、伝統的な形式にとらわれない自由で個性的な色彩を用い、絵画を描きました。
それでは具体的に観て行きましょう。
全体的な構図は、ティツィアーノが描いた『ウルビーノのヴィーナス』の構図を借用したものです。一方、オランピアという名は当時のパリにおける娼婦の通称です。
そして、肉体のどぎついまでの明るさ、恥じらいもない視線、女神と言う神話的な次元から娼婦と言う現実的な次元への転換などからセンセーショナルを巻き起こした作品です。
この作品の注目すべき所は、光の扱い方で、現実世界の光を感じます。
前方の観客のいる方に窓があり、そこから日光がオランピアを照らしているように描いています。この現実世界の光が、まるで自分がオランピアを訪れた客であるかのような、なまなましい感覚を与えるのです。
そして、この光の扱い方は、印象派と呼ばれる後輩の画家たちに影響を与えることになります。
オルセー美術館所蔵。
<MAP>

3+

草上の昼食 エドゥアール・マネ

印象派の創設に影響を与え近代美術の父とも呼ばれる、19世紀フランスの画家エドゥアール・マネの作品です。マネは、伝統的な絵画を下敷きとしつつ、伝統的な形式にとらわれない自由で個性的な色彩を用い、絵画を描きました。
それでは具体的に観て行きましょう。
森の中でのピクニックの風景です。しかし、なぜ裸の女性と盛装した男性なのか。遠近法は崩れ、明暗のコントラストも強く描かれています。絵画から意味を探ろうとしても、よく判りません。無意味がこの絵画の価値のように考えさせられてしまいます。
この作品のアイデアはティツィアーノの田園の奏楽から、構図はラファエロの版画を下敷きにしています。それにアレンジを加えた、マネが得意とする「古きを訪ねて新しきを知る」が良く表れた作品です。
オルセー美術館所蔵。
<MAP>

3+

フォリー=ベルジェールのバー エドゥアール・マネ

印象派の創設に影響を与え、近代美術の父と呼ばれるエドゥアール・マネの作品です。
マネが世を去る前年に描かれた、最後の大作と言われています。
具体的に観て行きましょう。
当時のパリで最も大きな劇場「フォリー・ベルジェール」内のバーを描いたものです。
フォリー・ベルジェールは、中産階級から上流階級の人たちが集まる非常に和やかで楽しい雰囲気の劇場でした。
しかし、マネが描いたバーメイドは、どこか孤立し、やや暗めの表情で描かれています。マネは当時のパリ社会の虚構・虚像(裏面)を描こうとしたのでした。
バーメイド正面の姿と後ろ姿が一致しないことや、遠近法の歪み、あまりに右側に描かれたバーメイドの後ろ姿など、一見、不可解な描き方をしています。
しかし、それは意図的に計算されたもので、例えば遠近法を無視することで、鑑賞者の視線がウェイトレスの空虚な表情に集まるように工夫されているのです。
ロンドンのコートールド・ギャラリー所蔵。
<MAP>

3+

バルコニー エドゥアール・マネ

印象派の創設に影響を与え、近代美術の父と呼ばれるエドゥアール・マネの代表作のひとつです。
本作品は、近代の人間の中にある無関心を鋭く捉えていると言われます。
それでは具体的に観て行きましょう。
バルコニーの鉄柵や緑の鎧戸に垂直線と水平線が繰り返され、長方形のキャンバスという2次元性が強調されています。室内が真っ暗で、奥行きは感じられません。またドレスに影がなく、画面の内部ではなくキャンバスの外部に光源があるように感じさせます。衣服や物体の立体感を失わせ、観る者と視線が交わらない無感情な人物描写が画面の中にある種の緊張感を生み出しています。
オルセー美術館所蔵。
<MAP>

2+

エミール・ゾラの肖像 エドゥアール・マネ

印象派の創設に影響を与え近代美術の父とも呼ばれる、19世紀フランスの画家エドゥアール・マネの肖像画の代表作です。
マネは、筆跡を感じさせる流動的な線と伝統的な形式にとらわれない自由で個性的な色彩を用い、近代の日常、風俗、静物、歴史、肖像、裸婦、風景など様々な絵を描きました。また日本の浮世絵・版画の影響を受けたとも言われます。
それでは具体的に観て行きましょう。
本作ではエミール・ゾラの肖像として作品に名称を付けながらも、マネが持つ自身の興味(スペイン絵画や日本趣味)を中心に画面を構成しており、マネ本人の関心を描いた静物画的人物画です。
その証拠に壁にはマネの代表作「オランピア」の版画や、ディエゴ・ベラスケス作「バッコスの勝利(酔っ払いたち)」のエッチング、そして、二代目歌川国明による多色刷浮世絵木版画「大鳴門灘右ヱ門」が飾られ、いずれもゾラへと視線を向けています。
オルセー美術館所蔵。
<MAP>

2+

笛を吹く少年 エドゥアール・マネ

印象派の創設に影響を与え近代美術の父と呼ばれる、19世紀フランスの画家エドゥアール・マネの代表作です。
マネは筆跡を感じさせる流動的な線と伝統的な形式にとらわれない自由で個性的な色彩を用い、近代の日常、風俗、静物、歴史、肖像、裸婦、風景など様々な絵を描きました。また、日本の浮世絵・版画の技法に影響を受けたとも言われます。
それでは具体的に観て行きましょう。
あどけなさの残る少年が、近衛軍の鼓笛隊の正式な制服で、横笛を吹くポーズをとっています。多少緊張した顔で、こちらに向けた眼差しは、ほんの少し右にそれています。
背景は、地の灰色が全体にいきわたり、床と壁の区別のない抽象的な空間があるだけです。人物は黒と赤の大胆な色面、白がそれらを引き立て僅かな黄色のアクセントが光る、シンプルで力強い全身像です。
堂々と迫力のある身体のフォルムに対して、少年の顔は、幼く頼りなさげです。そのアンバランスが、この絵をいっそう印象的なものにしています。
この作品はジャポニスムの影響を受けているという点でも有名です。
遠近感を廃し、人物の動きを効果的ながら最小限にとどめ、コントラストの強い色を平面的に用いている様は浮世絵の技法を感じさせます。
オルセー美術館所蔵。
<MAP>

2+