トゥルーヴィルの海岸 ウジェーヌ・ブーダン

19世紀フランスで印象派の先駆的存在と言われる画家、ウジェーヌ・ブーダンの作品です。ブータンは、印象派の特徴と言える、軽快なタッチと光の描写を先取りして風景画を描きました。
それでは具体的に観て行きましょう。
本作品では、海岸で遊ぶ都会の人々が描かれています。少し曇った空や、風が吹いている様子、雲が動いている様子などが、軽快なタッチと光の描写を用いて描かれています。人々の笑い声、波の音、そして空は高く、遠く、どこまでも続いている。。。その場の空気感が伝わって来ます。
ブータンの絵画を観たコローは、敬愛の念を込めて「空の巨匠」と呼びました。
オルセー美術館所蔵。
<MAP>

3+