静かな修道院 イサーク・レヴィタン

19世紀ロシアの風景画家、イサーク・レヴィタンの作品です。
本作は、レヴィタンがヴォルガ川に沿って旅した時に見た光景を絵画にしたものです。ネギ坊主頭の塔と、その右の修道院との建築的なコントラストが絶妙です。川にかけ渡された粗末な木の橋は、日常(現世)から教会のある対岸(神の国)への架け橋を表しています。
モスクワのトレチャコフ美術館所蔵。
<MAP>

2+