地球3周動画(イグアスの滝ブラジル編)

世界の都市を1分で散歩しよう!
「イグアスの滝ブラジル編」


<MAP>

3+

地球3周動画(サンパウロ編)

世界の都市を1分で散歩しよう!
「サンパウロ in ブラジル編」


<MAP>

3+

歩行者天国と大道芸人たち ー サンパウロ ー

イグアスの滝を思い出しながら、夜行バスで15時間揺られ、南米横断の最終目的地:サンパウロに到着しました。
サンパウロに着いたのは、日曜日だったので、道路が歩行者天国になっていました。
そこでは、ミュージシャン、大道芸人、マジシャンたちが腕前を披露してました。
高速道路が歩行者天国になっていたのには、びっくり(左上の写真)。

サンパウロ美術館(左上)とサッカー博物館(真ん中上)です。月曜日は休館のようで中に入れませんでした。サンパウロ美術館の絵画は素晴らしいと聞いていたのに残念です。
右上は州立プナコテッカ美術館。サンパウロ鉄道駅(左真ん中)です。
右下の東洋人街には、日本の鳥居もありました。

1+

バスにてブラジル入国。

アルゼンチンのプエルト・イグアスからブラジルのフォズ・ド・イグアスへバスにて国境通過です。
バスの乗車時間は約1時間ですが、ブラジル入国審査中にバスは先に行ってしまうので、次のバスが来るのを待たねばならず、所要時間は約2時間かかりました。
プエルト・イグアスのバスターミナル(左上)。
アルゼンチン出国審査(右上)。
ブラジル入国審査(左下)。
フォズ・ド・イグアスのバスターミナル(右下)。
< MAP >

1+

不審者扱いされた、サンパウロのホテル。

2,170円/泊(朝食付)。
治安上の為か、南米のホテル/ホステルは、玄関が施錠されているのが一般的です。このホテルでは英語が全然通じず、なかなか中に入れてもらえませんでした。不審人物扱いされていましたが、予約につかった「エクスペディア」というキーワードが通じて、やっと中に入れてもらえました。(^^;;
現地の言葉が通じなくても、共通のキーワード(上記例では「エクスペディア」)が通じれば、それをきっかけに意思疎通ができるようになるものですね。
最初の印象は「対応の悪いホテル」でしたが、顔見知りになると親切で「結構、良いじゃ無いか!」と思うようになりました。(^-^)

1+

アルゼンチンとブラジルから見た、イグアスの滝

世界遺産「イグアスの滝」。
イグアス (Iguazu) とは先住民のグアラニ族の言葉で「大いなる水」という意味だそうです。
イグアスの滝は、アルゼンチンとブラジルの国境にあります。
アルゼンチン側の「イグアスの滝」の観光時間の目安8時間に対し、ブラジル側は4時間。
アルゼンチン側の方が観る所がたくさんあるのに対し、ブラジル側からの方が滝全体を把握しやすいそうです。
先ずは、アルゼンチン側の「イグアスの滝」をご覧下さい。

アルゼンチン側のイグアスの滝は1984年に世界遺産に登録されました。
以下、世界三大滝と言われる、イグアス、ビクトリア、ナイアガラの比較データです。
イグアスの滝
落差:80m、幅:2700m以上
水量:毎分39億t
ビクトリアの滝
落差:110m、幅:1700m
水量:毎分5億t
ナイアガラの滝
落差:51m、幅:900m
水量:毎分1億6900万t
特に水量は、イグアスの滝がダントツに多いですね。
続いて、ブラジル側の「イグアスの滝」です。
“アルゼンチンとブラジルから見た、イグアスの滝” の続きを読む

2+