フェアバンクスへGO。

パリからアラスカのフェアバンクスへオーロラを観に行きます。
シアトルの乗り継ぎに9時間待ちがあり、移動に24時間も掛かりました。
毎度の如く機内食をたらふく食べ、フェアバンクス空港に着いたら、ホッキョクグマ(右下)さんが出迎えてくれました。
でもこの日は雨、オーロラは見えませんでした。

0

フェアバンクスの風景

アラスカと言っても、9月下旬は暖かく、気温が氷点下になる事は殆ど無いそうです。
右上の銅像は防寒着を来ていますが、雪は何処にもなく、雨が降っています。
ここで4泊しますが、果たしてオーロラは見る事が出来るのでしょうか?
真ん中左は宿泊ホテル。右下はビジターセンターです。2日目も雨。

0

フェアバンクスのフリーマーケット。

フェアバンクス3日目。自転車(左上)を借りて、フリーマーケット(tana a valley farmers market)へ行って来ました。衣服、小物、野菜の他、レストラン🍽もあります。久々にお米(カレーライス、右下)を食べて大満足‼️

0

フェアバンクスの夕陽と夕食。

オーロラが撮れなかった場合に備え⁉︎、夕陽(右上2枚)をお楽しみ下さい。
右上は、午後1時頃の太陽です。夕方みたいですよね! このまま日は高くなる事なく暮れていきます。
夕食は韓国レストランで食事(左下)。アラスカビール🍺(右下)もなかなかです。
フェアバンクス3日目の夜、やっと晴れました。🌙 
深夜4時まで頑張るも見てわかるオーロラ写真は撮れず。残念。

0

北極圏まで行こう!

フェアバンクス4日目。折角、アラスカまで来てるんだから「北極圏まで行こう‼️」という事で、日帰りドライブツアーに申し込んで、北極圏を目指します。
朝10時に出発して、深夜3時に帰って来る約35,000円のツアーです。
チョット高いけど「北極圏へ行けるんだから価値があるよね!」と自分を言い聞かせ参加しました。
右下2枚は北極圏へ行く途中で寄ったトイレ。もちろん、ぽっとん便所です。

0

ツンドラ?

この辺りが、永久凍土(ツンドラ)の様です。雪が残ってます(左上)。
でも、思っていたツンドラのイメージじゃないなぁ。
ツンドラでは、草木が生えない訳ではありません。ツンドラの草木を紹介するポスター(右下)を見て下さい。
何なんか、弁解がましくなって来ました。(¬_¬)
ツンドラをウィキペディアで調べると「地下に永久凍土が広がる降水量の少ない地域のこと」だそうです。

0

アラスカのユーコン川。

ユーコン川まで来ました。
北極圏まで、あと少し。
ユーコン川は、カナダのユーコン準州とアメリカ合衆国のアラスカ州を流れベーリング海に注いでいる河川。「ユーコン」とは「偉大なる川」という意味だそうです。水源はルウェリン氷河。

0

北極圏なのに、こんな感じ。。。

アラスカはフェアバンクスより、日帰りツアーで北極圏へ行きました。
遂に北極圏に到着!
記念碑(左下)前で記念写真‼️
でも、なんか違和感あるよね〜。そう、雪がぜんぜん無いのです。これで記念碑も無かったら、生駒の風景とかわれへんやん。でも北極圏の9月はこんなもんです。
気をとりなおして、解説します。
北極圏は北緯66度33分以北の地域を言います。北極圏の限界線となる北緯66度33分線を北極線(Arctic Circle)といい、冬至には太陽が昇らず、夏至では太陽が沈まない白夜となります。
因みに緯度0度が赤道、明石が北緯35度、北海道最北端の宗谷岬が45度、パリは意外にも49度で宗谷岬より北。そして、この記念碑のある所が北緯66度33分です。

1+