アメリカ最北端のテーマパーク、フェアバンクスのパイオニア パーク

パイオニア・パークは1967年「アラスカ100年祭」(アラスカがロシアからアメリカになって100年目を祝う祭)の際に建設されました。昔は『アラスカランド』と呼ばれていたそうです。
因みに、この日も雨。

0

フェアバンクスの自然史博物館。

フェアバンクス5日目。自然史博物館へ。
マンモスの骨、クジラの骨、ホッキョクグマなどなどが展示されてました。
左下のテーブルは今にも歩き出しそうですね。自然史博物館近くの風景です。
下の2枚の写真は、同じ花です。随分、感じが違いますよね。

0

フェアバンクスの夕陽と夕食(その2)

またまたオーロラ写真が撮れなかった場合の保険として、夕陽写真をお送りします。
真ん中右は、途中で休憩したコテージです。夕食は寂しくカップ麺。
この日、昼間は天気が良かったのに、夜は土砂降り。オーロラ撮れず。

0

北極圏なのに、こんな感じ。。。

アラスカはフェアバンクスより、日帰りツアーで北極圏へ行きました。
遂に北極圏に到着!
記念碑(左下)前で記念写真‼️
でも、なんか違和感あるよね〜。そう、雪がぜんぜん無いのです。これで記念碑も無かったら、生駒の風景とかわれへんやん。でも北極圏の9月はこんなもんです。
気をとりなおして、解説します。
北極圏は北緯66度33分以北の地域を言います。北極圏の限界線となる北緯66度33分線を北極線(Arctic Circle)といい、冬至には太陽が昇らず、夏至では太陽が沈まない白夜となります。
因みに緯度0度が赤道、明石が北緯35度、北海道最北端の宗谷岬が45度、パリは意外にも49度で宗谷岬より北。そして、この記念碑のある所が北緯66度33分です。

1+

アラスカのユーコン川。

ユーコン川まで来ました。
北極圏まで、あと少し。
ユーコン川は、カナダのユーコン準州とアメリカ合衆国のアラスカ州を流れベーリング海に注いでいる河川。「ユーコン」とは「偉大なる川」という意味だそうです。水源はルウェリン氷河。

0

ツンドラ?

この辺りが、永久凍土(ツンドラ)の様です。雪が残ってます(左上)。
でも、思っていたツンドラのイメージじゃないなぁ。
ツンドラでは、草木が生えない訳ではありません。ツンドラの草木を紹介するポスター(右下)を見て下さい。
何なんか、弁解がましくなって来ました。(¬_¬)
ツンドラをウィキペディアで調べると「地下に永久凍土が広がる降水量の少ない地域のこと」だそうです。

0

北極圏まで行こう!

フェアバンクス4日目。折角、アラスカまで来てるんだから「北極圏まで行こう‼️」という事で、日帰りドライブツアーに申し込んで、北極圏を目指します。
朝10時に出発して、深夜3時に帰って来る約35,000円のツアーです。
チョット高いけど「北極圏へ行けるんだから価値があるよね!」と自分を言い聞かせ参加しました。
右下2枚は北極圏へ行く途中で寄ったトイレ。もちろん、ぽっとん便所です。

0