ジュメイラ・アット・エティハド・タワーズ

ビーチサイドにそびえるジュメイラ・アット・エティハド・タワーズは、アブダビの高級ホテルです。
アブダビの代表的なビルディングで、3棟のレジデンスタワー、1棟のオフィスタワー、ジュメイラ・アット・エティハドタワーズ・ホテルの全5棟で構成されています。
<MAP>

3+

アブダビの街並み

アブダビはアラブ首長国連邦を構成する首長国。アラブ首長国連邦の首都でもあります。アラブ首長国連邦の中でも最大の面積(6.7万km2)・人口・収入があり、面積は連邦全体の約80%を占めます。広大な国土に埋蔵された豊富な石油資源によって連邦の政治・経済を支える、アラブ首長国連邦リーダー国です。
<MAP>

3+

キャピタルゲートビル

アブダビのピサの斜塔とも言われているキャピタルゲート。世界で最も傾いた塔として、ギネス世界記録に登録されています。
ビルの傾斜は18度で、有名なピサの斜塔の4倍以上も傾いています。35階建てのこの建物はアブダビのシンボルとして絵はがきなどにもよく使われます。
<MAP>

3+

シェイク・ザーイド・モスク

2007年完成の世界で6番目に大きいモスク。伝統的なイスラムのデザインと近代的な建築技術を用いてつくられています。
世界最大のペルシアじゅうたんが置かれていることで有名で、じゅうたんを一目見ようと世界中から多くの観光客が訪れます。

<MAP>

2+

アブダビ国際空港

アラブ首長国連邦のアブダビにある国際空港です。
モダンで綺麗な空港で「ハチの巣」の中に居るみたいです。
アラブ首長国連邦の首都はアブダビ、最大の都市はドバイです。

日本からヨーロッパ観光ツアーに参加すると、アブダビやドバイが経由地になることが多いようです。
ターミナル3には、アメリカ合衆国の入国審査を受けられる設備もあるそうです。
サンドイッチとペットボトルの水で、約800円。
<MAP>

3+

ブカレスト空港とホテル。

エルサレムは、金曜の日没から土曜日の日没まで「ジャバット」という休息日になり店や交通機関も休みになるそうです。
そこで、金曜日の朝にルーマニアの首都ブカレストへ移動する事としました。
上の2枚は、ブカレスト空港の写真です。
バス(右下)に乗って、ホテル(左下)に到着です。

0

死海で浮かぶ。

エンゲディに到着。「エンゲディ スパ」と言う施設はちゃんと営業してました。(怪しいオヤジ、やっぱり嘘をついてた!)
ロッカー、シャワー、ビーチ迄の送迎付き(95シェケル(約3,500円))で、死海に入り浮かぶ事が出来ました。
真ん中下は、波打ち際の写真です。塩が岩のようになっていて、裸足では痛くて歩けません。
< MAP >

0

死海へGO。

死海行きの切符を買おうとチケット売り場で並んでいると、怪しげなオジさんが「どこに行くんだ」と話しかけて来ます。死海で泳ぐためエンゲディへ行くと言うと、「エンゲディは今クローズしていて泳げない。俺が120シェケル(約4,000円)で泳げる所へ連れて行くよ。」と言ってて来ます。エンゲディが閉鎖されてるんなら、とても魅力的だ。だけど怪しい。見極めようと色々聞いていると、拉致される事はなさそうだったけど、値段は120シェケル(約4,000円)じゃなくて、120ドル(約13,000円)と判り、断りました。ツアーに申し込んだら、50,000円ぐらいするので、それでも割安なんだけど。。。
エンゲディはクローズされてると言う情報に不安を感じながらも、死海を見るだけでもいいので、予定通りバスで行く事にしました。気を取り直して、もう一度チケット売り場で並び、エンゲディ行きの切符を下さいというと、「プリペイドカードがいるので向こうで申請して、戻って来て」だって。
プリペイドカードを買って窓口に戻り、「エンゲディ行きの切符を下さい」と言うと、「切符はバスの中で買って」と言われました。
なんか昨日から、たらい回しにされてんなぁ。
やっとバス(上の写真)に乗り込み死海へ向かってると、何度も検問がありました。ある検問所では、銃を持った兵士が乗って来て「いまから何が起こるねん‼️」とビクッとなりました。
左下はバスの上についていた設備。スピーカー、ライト、USBジャック、下車ボタン等が付いている優れものです。
右下は、バスターミナル。
< MAP >

1+

イスラム教の聖地、岩のドーム。

岩のドームは、カアバ(メッカ)、預言者のモスク(マディーナ)に次ぐイスラム教の第3の聖地。
岩のドームは、イスラム教徒に管理されてますが、南西の壁の外側の一部のみ「嘆きの壁」としてユダヤ教徒が管理してます。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教にとって重要な関わりを持つ聖なる岩(Foundation Stone)を祀っています。
ところで、岩のドームは外国人が入れるゲートが決まっているようで、最初行ったゲートからは入れてもらえませんでした。他のゲートは1キロ以上離れていて、昼過ぎにやっと外国人が入れるゲートを見つけたと思ったら、午後からは入れないとの事。
そして、翌日、前日の経験が生き、スムーズに敷地内に入る事が出来ました。(^^) 想定外はノートPCは持ち込み禁止という事で取り上げられたこと。出る時に返してくれるそうです。
岩のドームの建物の中(聖なる岩が祭られているところ)は、外国人の入場がもう何年も禁止されているので、中に入れません。でも、こっそり中を撮影(右上)してしまいました。
さて、見学が終わり、外に出ようとした所、ここは入口専用なので、「他のゲートから出なさい」と言われてしまいました。「ノートPCを預かって貰ってるから取りに行きたい」と言うと、「出口ゲートから出て、グルーっと回って来なさい」だって。距離は1キロ以上離れてるのにマジか‼️でも従うしかありません。
やっとの思いでノートPCを受け取り、次の目的地の死海へ行く為にバスターミナルに戻りました。

0