ゴンドワナ大陸に起源する熱帯雨林。 - キュランダ村 ー

キュランダ村は、キュランダ観光列車とスカイレールの起点となっています。
周辺の熱帯雨林はゴンドワナ大陸に起源するもの。1988年に世界遺産に登録されました。
<ゴンドワナ大陸>
過去に存在したと考えられている超大陸。現在のアフリカ大陸、南アメリカ大陸、インド亜大陸、南極大陸、オーストラリア大陸や、アラビア半島、マダガスカル島を含んだ、巨大な大陸でした。
真ん中及び下の3枚は、キュランダ観光列車の写真です。
< MAP >

日光二荒山神社。

世界遺産。
しめ縄を左・右・中央と3回くぐると、良縁に恵まれるとか。正式名称は「二荒山神社」ですが、宇都宮市の二荒山神社との区別するため「日光二荒山神社」と呼ばれています。古くは「日光三社権現」と呼ばれていました。
< MAP >

リマ歴史地区の中心地、アルマス(マヨール)広場。

1991年世界遺産に登録された「リマ歴史地区」の中心に位置するのが、このアルマス広場です。
アルマス広場は、ペルーのあちらこちらの都市にあります。アルマス(Armas)とは、スペイン語で「武器」と言う意味で、武器を調達したり、避難所として広場が使われたことに由来があるようです。
< MAP >

円形闘技場、コロッセオ。

ローマ帝政期に造られた円形闘技場。世界遺産。
ウェスパシアヌス治世の70年に建設が始まり、ティトゥス治世の80年に完成。使用開始に当たっては、100日間に渡りイベントが続けられ、数百人の剣闘士が闘いで命を落としたそうです。
< MAP >

世界遺産。グランドキャニオン。

大き過ぎて、その迫力は写真では表せないのが残念。
コロラド高原がコロラド川の浸食により削り出された地形。先カンブリア時代からペルム紀までの地層の重なりを見る事ができ、これが評価され世界遺産に認定されました。
< MAP >

世界遺産、ソウルの宗廟。

宗廟(そうびょう、チョンミョ)。
韓国ソウル特別市に所在する朝鮮王朝(李氏朝鮮)・大韓帝国の皇室の祖先祭祀場。1995年12月世界遺産に登録されました。朝鮮・韓国の歴代の国王・王妃・功臣などを祭っています。
< MAP >

ローマのラテラノ大聖堂。

正式名は、サン ジョヴァンニ イン ラテラーノ大聖堂。世界遺産。
896年まで、ここがカトリック教会の「首席教会堂」だったそうです。
古代においてラテラノ大聖堂は「救世主大聖堂」と呼ばれ、ローマの多くの教会のランク付けの中で最上位に置かれ、信徒たちの敬意を集めた。ラテラノ大聖堂はローマ司教としての教皇の司教座聖堂であることから、「全カトリック教会の司教座聖堂」とも称されています。
Wikipedia引用
< MAP >

コルニリアの街並み。

左上が名所の写真です。
コルニリアからヴェルナッツアまで、徒歩70分。電車にしようか迷ってたのですが、今まで閉鎖されていて思うように歩けなかったので、徒歩で行く事としました。
途中、藁人形に似た十字架を見つけました(右上)。
ここで朝食(右上2枚目)。
オシャレな朝食で、なんかちょっといい感じと思いきや、その後、どんどん道が険しくなり登山状態(右下2枚)です。もうヘトヘト(^^;
< MAP >

ピラミッド、音と光のナイトショー

ピラミッドやスフィンクスに照明を当てて、古代エジプトの歴史を語る音と光のナイトショーです。所要時間:約1時間。
昼間は暖かかったのに、夜は冷え込み、上着を持って行ってなかったら死んでました。

<MAP>

Copyrighted Image