地球3周動画(ヘルシンキ編)

フィンランドはヘルシンキの風景動画。(約17MB)


<MAP>

4+

ヘルシンキの街並み

ヘルシンキの街並み写真です。
街全体がこんな感じです。
さすが、ヨーロッパ。(^^;;
右下写真はお寿司屋さんです。ヘルシンキでは寿司が流行ってるようで、この様な店を2、3軒見かけました。
フィンランドの所得は総じて高く、みんなお洒落な服を着てます。
物価も高いので、私には長居できない街。。。
< MAP >

2+

フィンランド三大美術館のひとつ。 - アテネウム美術館 ー

ヘルシンキ現代美術館やシネブリュコフ美術館と並び、フィンランドを代表する美術館の一つ。建築家テオドル・ホイエルにより設計され1887年に完成。国定文化遺産建築に指定されています。
訪問時は、特集で日本展示が行われていて、全体の1/3のスペースを使って、浮世絵等が展示されてました。

2+

星型の海防要塞。 - スオメンリンナの要塞 ー

世界遺産のスオメンリンナの要塞へ渡ります。
右中の写真が舟乗り場の待合室。
この船は24時間チケット(1日券)が使えました。ラッキー。

なんと、雨が止んできました。これで世界遺産をじっくり見学出来ます♬
スオメンリンナの要塞は、ヘルシンキ市内の6つの島の上に建造された海防要塞。
当初の名前はスヴェアボリ(スウェーデンの要塞)だったが、1918年に愛国主義的な理由からスオメンリンナ(スオミの城塞)と改称されました。星型要塞です。
右中の写真は、夏のスオメンリンナ。
右下の写真は、冬のスオメンリンナ。
趣きがだいぶ異なりますね。
< MAP >

2+

正教会の大聖堂。 ー ウスペンスキー寺院 ー

正教会の大聖堂。
ロシア帝国の建築家:アレクセイ・ゴルノスターエフの設計により1862年から1868年にかけて、ヘルシンキ市街を一望できるカタヤノッカ半島の丘陵地に建立されました。
右下の写真は、寺院近くの川です。

2+

ヘルシンキの観光名所。 - へルシンキ大聖堂 ー

へルシンキ大聖堂と大聖堂から見た近くの風景。
ヘルシンキ大聖堂は1830年から1852年にかけてネオ・クラシック様式に改築されたものです。カール・エンゲルによって独自にデザインされ、彼の後継者であるエルンスト・ロールマンによって継承されたそうです。
有名なヘルシンキの観光名所で、毎年350,000人を越える人々が教会を訪れます。教会は通常、信仰の奉仕と結婚式等のイベントに使用されているそうです。

2+

乗りますのサインは「手を挙げて」では無く「手を前に出して」。-ヘルシンキのバスー

ヘルシンキ2日目の観光です。
気温2度、外は雨。マフラーと傘をさしながらの観光になりそうです。
外国のバスは、バス停で待っていても、「乗ります」の意思表示をしないと通過してしまう事があります。因みに、こちらヘルシンキ(北欧はそうなのかなぁ?)では、「乗ります」のサインは、「手を挙げて」では無く「手を前に出して」意思表示をするようです。
バスの運ちゃんに「手をしっかり前に出さないと乗るのかどうか判れへんやろ!」って、怒られてしまいました。(@@;

2+

24時間切符を購入したが使えず。。。 - ヘルシンキ・バスステーション ー

そろそろ日も暮れて来たので、バスでホテルに帰ります。
ホテルへの帰りと明日の観光に利用しようと、バスとトラムで使用できる24時間切符を購入しバスに乗り込むと、このバス会社では使えない事が判明。切符を再購入する羽目になりました。トホホ。

2+

ヘルシンキはやはり物価が高い! サンドイッチとコーラで1,500円。

今日の夕食は、サンドイッチとペプシコーラ。
パンが硬くて顎が外れそうでした(何度も顎がカクカク言ってました)。でも中のチーズは美味しかった。
約1,500円。
北欧は福祉が充実している分、物価が高い⁉

2+