広州・マレーシアのお食事サマリ。

■アッサムラクサ(上3枚) ペナン
ペナン島のJoo Hooi Caféという店のアッサムラクサ。VIPも立ち寄るほど人気店。
そんな綺麗な店じゃないけど、味は抜群! 一度でラクサが大好きになりました。
■香菇滑鶏飯(真ん中左 、真ん中 ) 広州
とても美味しかったけど、屋台に毛が生えた様な店だったので、翌日、お腹の調子が良くなかったです!
■ナシレマッ(真ん中右 )クアラルンプール
マレーシアの国民料理の一つです。ピリ辛味で食欲をそそります。
■ホッケンミー(左下 ) マラッカ
スープ麺。大量のエビからダシをとり、そこにチリを加えて何時間もかけて濃くのあるスープを作り上げるそうです。
■牛腩粉(真ん中下 ) 広州
広州の国民料理。
■右下 広州
ピリ辛で、麺が春雨。名称不明。

0

KLタワーとムルデカ スクエア。

■KLタワー(左上)
通信塔としては世界第4位の高さ(421m) 。右上は展望台から撮ったクアラルンプール市街です。
■マスジット ジャメ (旧モスク)
(真ん中2枚)
クアラルンプールにある市内最古のモスクの一つ。
「泥の交わる地点」を意味するクアラ・ルンプールの語源となったクラン川とゴンバック川が合流する地点の上流に立地しています。
1965年にマスジッド・ネガラ(国立モスク)が完成するまで、クアラルンプールのメインモスクでした。
■ムルデカ スクエア(下2枚)
1957年にイギリスからの独立を宣言した歴史的な場所です。
1957年8月31日午前0時に、この広場に掲げられていたユニオン・ジャック(英国国旗)が降ろされ、代わってマラヤ連邦国旗が掲揚されました。

0

ペトロナス ツイン タワーとKLCC公園。

クアラルンプール市内に戻り観光再開。
■ペトロナス ツイン タワー (真ん中)
1998年に完成。イスラム様式で、マレーシアのモスクに近似する尖塔が特長的です。建設当時は尖塔を含めた高さが452メートルであり、全高442メートルのシアーズ・タワーを抜き超高層ビルとして世界一になりました。しかし2003年10月17日に台湾の台北市に建てられた全高509メートルの台北101に世界一の座を奪われました。現在も2本のビルが対であるツインタワーとしては世界一の高さです。
■KLCC公園
競馬場の跡地を公園用地として転用して作られた公園。面積は約10万㎡。
KLCCとはKuala Lumpur City Centreの略語です。
夜間は30分おきに噴水⛲️ショーが行われてました(左下、右上)。

0

ヒンドゥー教の聖地、クアラルンプールのバツー洞窟。

電車(右上)でバツー洞窟へ
バツー洞窟はマレーシア随一のヒンドゥー教の聖地です。
洞窟内には多くのヒンドゥー神話に基づく展示や壁画がありました。洞窟を形成する石灰岩はおよそ4億歳だそうです。
洞窟に入るため、272段の階段を登りしました(左下)。
疲れたので、ココナッツジュース(右下)にて体力回復‼️

0

広州からクアラルンプールへ。

飛行機から西沙諸島が見えたので撮影しました(上)。
クアラルンプール空港(真ん中左から二つ目)からバス(真ん中右)でホテルへ向かいます。途中で4つのビルが渡り廊下で繋がった建物を見つけました(真ん中右から二つ目)
このホテル(下)に2泊します(約2,350円、朝食付)。

0