世界遺産、シギリヤ遺跡。

シギリヤロック(写真)は、スリランカで一番有名な観光スポット。高さ200mの岩山で、頂上には5世紀に作られた要塞化した王宮跡があります。

シギリヤ遺跡

シーギリヤの遺跡は、岩上(シギリヤロック)の王宮跡と、それを取り囲む水路、庭園、貯蔵施設などの都市遺構からなります。
遺跡は、5世紀にカッサパ1世によって建造されました。1982年、古都シーギリヤとして、世界遺産に登録されました。

シギリヤロックの頂上を目指し、約1,000段の階段を1時間かけて登っていきます(左下、右上写真)。しばらく登っていくと「ライオンテラス」という広場に辿り着きます。その先の王宮の入口は、ライオンが守っています(左上の写真)。かつてはライオンの顔まで彫像があり、その開いた口のなかを階段がとおっていたそうです。現地語ではライオン(=シンハ)、喉(=ギリヤ)と言います。それでこの辺りを「シギリヤ」と呼ばれるようになりました。

右上の写真が、シギリヤロック頂上の王宮跡です。
<MAP>

3+